CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
8月12日は親子コンサート!!「講談×管弦楽団(オーケストラ)YU-GI」@西宮市プレラホール

フルート奏者の川端裕美先生が数年温めて下さっていた

企画を大爆発!!

あの「ベートーヴェンの生涯」を講談とオーケストラで

お送り致します!

 

音楽と講談がつかず離れず、主役になったり脇役になったり〜。

新しいエンターテイメントです!

 

その他「おおきなかぶ」「怪談 播州皿屋敷」など

有名な物語が盛りだくさん!親子で楽しめるコンサート。

是非是非ご参加下さいね!

 

 

「講談×管弦楽団(オーケストラ)YU-GI」

2017年8月12日(土)14時〜

兵庫県西宮市プレラホールにて!

当日券3000円(前売2500円)全席自由。

高校生以下1500円!

 

詳細は又後日〜。

 

 

楽しみだ〜!!!

| コラボレーション | 12:09 | - | - | pookmark |
北海道ツアー無事に終え大感謝!!

日本香堂爆笑寄席」北海道ツアーから無事に帰京しました!

 

北海道公演(釧路〜帯広〜旭川〜札幌〜函館)は、、、

 

一、日本香堂CM ご挨拶

一、テツandトモ(コミカルソング)
一、神田京子(講談)
一、桂雀々(落語)

 〜中入り〜
一、母心(漫才)
一、林家二楽(紙切り)
一、三遊亭円楽(落語)

 

司会:三遊亭愛楽    ※敬称略

 

 

以上のラインナップでお届けしました!

大爆笑の渦に挟まりながら、私は講談の役割を全うすべく、

キリッとスパッと「張り扇叩き方教室」〜「山内一豊」を

お届け!!そして笑いどころでは私も爆笑頂きましたよ〜!

 

広大な北海道の地において、馬に親近感があるのか

馬揃えの部分において大拍手を頂きました!!感激〜(涙)。

 

今回は、初めての一座の移動としての子連れ出勤でした。

 

ご依頼を頂いた時に「乳幼児で置いて行けないため、

子連れでも良いですか?」と伺った際、ご理解を頂き

「良いですよ!」とお許し下さいました、主催者様や座長の

円楽師匠、そして関係事務所の皆様に心から感謝しています。

 

旅中、絶対に迷惑を掛けてはいけない・・・と始まりはとても

緊張しましたが、無事にハプニングもなく、ありがたいことに

みなさんに可愛がって頂くシーンも沢山あり、息子も上機嫌で

大人しく無事に旅を終えることが出来ました。感涙!!

 

 

そして、各公演にご来場の皆様、沢山の拍手をありがとうございました!!

トータルで5000名近い方々に聞いて頂いたことになるそうで。。。

すごい〜。又お目にかかりたいです!

 

この爆笑寄席は30年以上の歴史があり、一貫して「お客様への感謝!」

を表して毎年続いている抽選!ご招待!公演ということです。

 

「爆笑寄席」はその名の通り、笑って楽しむ寄席イベントですが、

通っているうちにお線香を手向けることを身近に感じるようになったという

お客様もおいででした。

 

これは、私が直接聞いたお話です。

 

函館空港〜函館の会場までタクシー移動した際、運転手さんが、

「もしかして、爆笑寄席の出演者の方ですか?」と話しかけて下さいました。

「そうですよ」と言うと・・・

 

「僕は抽選で当たったのですが、仕事で残念ながら伺えず、

 母が友達と行くことになりました。

 うちはあまりお墓参りの習慣がなかったのですが、

 この爆笑寄席に参加するようになって、

 だんだん、だんだん、ご先祖様に手を会わせることが身近になり

 今ではお墓参りが習慣付きました。ありがとうございます!!」

 

とおっしゃっていました。

 

すばらしい!!

 

このイベント!!是非是非これからもず〜ッと続いて欲しいです。

 

 

あらゆる面で感謝と感激続きの旅でした!

ありがとうございました!!

 

最後に、お手伝いの三遊亭楽大さん!

休み時間に函館名物、ラッキーピエロを楽しみました!

ラッキーピエロって何?と思ったあなた〜!

北海道出身の方に是非お聞き下さい^^

| 寄席関係 | 11:22 | - | - | pookmark |
大阪にて「夫婦幸福LIVE2017」が決まりました!

 

「夫婦幸福LIVE2017〜大阪編〜」

ある日人生捨てて運命拾いました。

 

とき:2017年7月29日(土)14:00開演〜

場所:プチエル・サロン(天満橋 エルおおさか内)

料金:2000円(全席自由)

出演:桑原滝弥(詩)神田京子(講談)

   ゲスト>>講談×オーケストラ【Yu-Gi】より、

       fl川端裕美、vn吉矢千鶴、pf楊美希 

 

              ※敬称略

主催:「講談×管弦楽団(オーケストラ)YU-GI」

問:kava_flute1026@yahoo.co.jp

 

 

久しぶりの大阪公演!!

関西地方の皆様!会いに来て下さいね〜〜〜!!!

| メオトライブ | 11:59 | - | - | pookmark |
6月25日「神田京子ふるさと独演会〜産後復帰記念〜」お知らせ

「神田京子ふるさと独演会〜産後復帰記念〜」

 

とき:2017年6月25日(日)19時開演〜20時40分終演予定

会場:旧今井家住宅

料金:2000円(ふるさと後援会会員1800円)

問合:事務局(河合)090-4112-5074

主催:神田京子美濃ふるさと後援会

 

梅雨入りしました!

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

スーパーには青梅がドーンと鎮座しておりワクワクします。

さあ、今月は旅も多く、自宅に戻ると、たまった洗濯物を

どかっと片付ける日々^^

雨よ上がってくれ〜〜〜。今日は大丈夫そうだ!!

 

そして、月末は久しぶりにふるさと岐阜県美濃市にて

独演会です。産後初めての後援会主催の会。

みなさんにお会い出来るのを心より楽しみにしています!

 

今月頭の岩手県「夫婦幸福ライブ2017」ツアー

(花巻市東和〜陸前高田〜山田町)は沢山の笑顔に出会えて

嬉しかったです。懐かしい再会もあり心洗われる旅でした。

改めてご報告いたしますね。

 

陸前高田公演の模様が主催の岩手県青年国際交流機構さまBlog

にて掲載されておりましたのでご紹介致します。感謝!!

コチラ

 

 

 

 

 

| 講談関係 | 05:21 | - | - | pookmark |
7月7日豊玉北地区区民館にて「とよきた寄席〜神田京子独演会〜」のお知らせ

 

七夕の日は、豊玉北地区区民館にて「五郎正宗孝子伝」

をお送り致します。

日頃遠方まで足を運ぶとこが出来ないご年配者の為に

練馬区が企画下さいました無料公演。

お近くの方は是非いらして下さいね。

 

詳しくは→コチラ

| 講談関係 | 05:30 | - | - | pookmark |
5月最後は名古屋・三河地方の旅

第6回「神田京子講談会 in 三ツ谷」5月27日(金)

於:三ツ谷(名古屋・吹上)

完売御礼!にぎにぎしくご来場頂きありがとうございました。

二つ目時代初期から毎年開催して下さり、私を育ててくれた

素敵な南欧料理のお店。講談会後はとって〜〜〜〜〜〜も

美味しいコース料理を囲みながらお客様と沢山おしゃべりを

しました。こういう温かい会も大切にして行きたいです〜。

 

つかまり立ちをするようになった息子には、釈台の音チェックを

担当してもらいました(笑)

 

一、「山内一豊 出世の馬揃え」京子

一、  詩朗読          滝弥

一、「五郎正宗孝子伝」    京子

一、「メオトパンドラ第一章」 滝弥・京子

 

 

「詩と講談 夫婦幸福ライブ2017」5月28日(土)

於:Hazufornia Bay Cottage(愛知県西尾市・幡豆)

完売御礼!ご当地では初めてのメオトライブでしたが、

高校時代の友達(地元で素敵なリラクゼーションのお店

AMAN RELA を経営しています)の念願として開催して貰え、

感激でした。

三河湾沿いの素敵な古民家にて密度の濃い空間となりました。

いらした方々より再演願いが続々あったようで、今後の

展開が楽しみです〜♡

 

一、「山内一豊 出世の馬揃え」京子

一、  詩朗読          滝弥

一、「五郎正宗孝子伝」    京子

一、「メオトパンドラ第一章」 滝弥・京子

 

 

今月もあちこち旅を致します。

 

いろいろな場所で会いましょう〜!!

 

 

| メオトライブ | 06:01 | - | - | pookmark |
小沢吉一写真展「海霧のはじまり」へ行って来ました。

(京子と小沢吉一氏)

 

先日、馬喰横山にある素敵なギャラリーRoo nee247へ

海霧のはじまり」という北海道は室蘭の景色を収めた

小沢吉一さんの写真展に行って参りました。

 

 

「海霧がはじまると、北海道の短い夏がはじまります」

 

 

キャッチ通り、写真には雄大な自然に深い霧が立込めている

幻想的な写真が、北海道ならではの夏の始まりを予感させる

高揚感と寒い冬から一転し、何かが「始まる」という決意の

ような物がありました。

 

彼とは学生時代からのおつきあいで、岡本太郎美術館にて

出会いました。その頃はまだまだ若く「カメラを勉強しています」

とはにかみながらも岡本敏子さんに気に入られており、

敏子さんの活動の記録写真をを撮影していたのでした。

 

あれから10年以上が経ち、写真に映し出される世界も変わって

来ました。故郷である室蘭を、客観的かつ愛情豊に収めていて

とても素晴らしい写真でした。

 

これからも応援したいです。

 

そして、みなさんが良く目にするこの写真は・・・

↑ 彼の写真です。

 

2004年(前座時代)から私を撮り続けてくれて、

横浜にぎわい座での写真に関しては10年間分を収めてくれております。

「神田京子さんらしい」というショットをいつも探って。

 

これから、小沢吉一さんの写真にも注目して下さいね〜。

| 講談関係 | 08:36 | - | - | pookmark |
怪談京子写真つらつら

先日の「番町皿屋敷」フォト。

私の目指す怪談は「怖い」ではなく「切ない」です。

有名なお話の奥底には、実は誰もが持つ感情が見え隠れします。

だから怖い。

 

今夏は怪談のご依頼が多く、嬉しい!!

 

(撮影:小沢吉一)

| 講談関係 | 07:39 | - | - | pookmark |
昨夜「番町皿屋敷」初演無事に勤めさせて頂きました!

(落語「皿屋敷」を演じて下さいました落語界の氷川きよし!?

 三笑亭可龍師匠と日本橋亭楽屋にて)

 

(終演後楽屋にて。左から三笑亭可龍師匠、鏡味初音ちゃん、

 私、そして瀧川鯉昇師匠)

 

昨夜は大入り満員!沢山のお客様に「神田京子の会〜あやし〜」

@お江戸日本橋亭にご来場いただき本当に本当にありがとう

ございました!

 

テーマが「あやし」ですので、いろいろな意味で怪しい風を

吹かせてらっしゃる方に出演依頼をさせて頂きました。

(風貌が怪しい、芸の色気が怪しい、ネタが怪しいetc…)

 

鯉昇師匠のことは前座時代から大好きで、その風貌とフラと

噺の力と…落語界において大変貴重な存在でらっしゃるので

私の会への出演をご快諾いただき大感謝!中トリで「千早ふる」

を掛けて下さり、大爆笑の渦となりました。

 

可龍師匠!この兄さんは口跡抜群で、絶妙な毒が入りながらの

芝居心満載の高座にいつも関心させられます。特に兄さんの演じる

女性が好きなので、いつかお願いしたい!と思っていた落語「皿屋敷」

をリクエストさせていただきました。兄さんの演じるアイドル

お菊さんにご来場のお客様もキャー!!大爆笑でした。

 

狐の嫁入りのような、怪しい〜風情の太神楽の初音ちゃんには

講談「番町皿屋敷」の前の膝を勤めて貰いました(トリの前の箸休めを

膝と言います)。太神楽の名技を披露していただきました。

 

ありがたい〜!!!

 

こうやってお客様の感情をあちこちに揺すって下さる助演が

あってこそのトリの怪談噺です。

 

御陰さまで、「番町皿屋敷」は初演でしたが大船に乗ったつもりで、

師匠陽子から厳しく習ったこの噺を、丁寧にお届け出来、御陰で

大好きな演目となりました。感謝!!

 

自分的にはもっとこうしたいという所や、技術が追いつかない

ところもあるので、これからどんどん練って磨いて参りますね。

こういう研鑽の場が持てるというのは、支えてくださるスタッフさんの

御陰であり、又何より、ご来場のお客様があってこそ!

駆けつけて下さり大感謝〜!!!

 

 

最後に今回のラインナップです。

 

 

「神田京子の会〜あやし〜」

 

一、前座

一、新作落語 古今亭今いち「雨乞い村」

一、講談 神田京子「ごあいさつ」「カルメン」

一、落語 瀧川鯉昇「千早ふる」

中入り

一、落語 三笑亭可龍「皿屋敷」

一、太神楽 鏡味初音

一、講談 神田京子「番町皿屋敷」

 

〜終演〜

 

前座:伸力、鯉佐久、全太郎

お囃子:尚美 (笛:今いち)  <敬称略> 

 

 

以上のメンバーでお送りしました。

怪談の鳴り物は、尚美お姉さんの粋な三味線の音色と

今いちくんの怪しい笛、鯉佐久くんの太鼓(ドロ・雪音・水音)、

照明は全太郎くんに助けて頂きました。

 

全て生音の寄席の世界。

また是非体験して下さいね!

 

お待ちしています〜。

 

 

 

 

 

| 講談関係 | 11:41 | - | - | pookmark |
いよいよ明日!!「神田京子の会」@お江戸日本橋亭 

みなさま、事前予約や前売り券ご購入をありがとうございました!!

御陰さまで「大入り満員」です。前売り券完売!!

あとは「番町皿屋敷」に集中いたしますね。

「寄席の主任」という意味を、ようやく実感し始めている今、こんなに

嬉しいことはありません。

 

これまで育てて頂いた方々への恩は「芸」でしか返せない!

と良くうちの師匠陽子も言っておりますが、

前座時代から育てて頂いている寄席への恩返しも、

やはり「芸」でしか返せない。

 

今回に関して言えば、お客様への恩返しはもちろんのこと、

主催の「落語芸術協会」や、共催の「お江戸日本橋亭」には

こうやって「芸」で恩返ししていくしかないのです。

 

大看板になって講釈場や寄席を常に満員にすること。

私の夢の一つとなりました。

 

まだまだこれからですが、その第一歩を踏む事が出来て感謝!

 

これからも、主任を任せて頂いた時には、いつも「大入り満員」を

目指します。

 

 

注意:

明日の「神田京子の会」の会場であるお江戸日本橋亭は、座布団席の

多い会場となります。自由席ですので、椅子席をご希望の方はお早めに

会場にお運び下さることをおすすめ致します。

 

 

 

・・・その他「完売」のお知らせ・・・

 

5月27日「第6回 神田京子講談会 in 三ツ谷」@名古屋

5月28日「詩と講談 夫婦幸福ライブ2017」@幡豆

| 寄席関係 | 11:05 | - | - | pookmark |
<< | 2/247PAGES | >>