CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< なんでもわんわん。 | main | 京子の今日この頃〜旅する講釈師〜 >>
江戸風のサッパリが気持ちよい季節。スケジュール更新されました!

(キュッと締まった江戸らしい包みが大好きです。)

 

講釈師の夏は「怪談」!

 

「怪談」の総元締はお岩さま。ということで、5月22日、

四ッ谷左門町にある於岩稲荷へ御参りに行って参りました。

 

故・二代目神田山陽も大切にし、講釈師のみならず

歌舞伎役者やお芝居関係者が大切にしている慣習です。

 

お岩さまについての詳しい事は後日お伝えすることとして。。。

 

東京に住み22年。講釈師になって19年。

かつて憧れの街だった東京はすっかり住み慣れた街となりました。

 

江戸っ子は五月の鯉の吹き流し

 

と川柳にも表現されているように、やり取りがカラッとしすぎていて、

口は悪いし…(笑)、慣れぬうちは土地によっては(東と北)

「怒ってるのかな?」「気に障ったかな?」と不安になる場合が多い

のですが、実は全く肚はないということがだんだんに分かって来ます。

 

お寿司屋さんの暖簾をくぐる時、

 

「元気にやってるか?」と言う代わりに、、、

「くたばってねえか?」

「まずいネタを食いに来たよ!」と、

 

まるで喧嘩を売りに来たように入っていく。

 

すると大将は、笑顔で、

 

「ば〜か。てめえに喰わせるネタはねえよ〜。」

なんて言いながら奥へ通してくれる。

 

不思議なコミュニケーションで…、

 

本当は、常連さんは、年を取った大将の体調を気遣って

優しい言葉をかけたい。

 

大将は「良く来てくれたね〜。ありがとう!」と言いたい。

 

…はずが、

 

照れ隠しもあるのか?いつも逆の言葉を吐くのです。

 

優しい言葉の反対語を瞬時に出さなくてはならないので、

田舎から出て来た私はそういう時は笑ってごまかすしかなかった

のですが、、、つまりは、どよ〜んとした空気を残さないのが

江戸風なんですね。

 

丁寧すぎるのは恥ずかしい。

気遣いがバレると恥ずかしい。

 

「じゃ!」

 

と言って次の角を曲がるまで手を振られるのは耐えられない。

去り際は一人で去りたい。。。

 

心の中では「元気でいてね。」という心があっても、気持ち良く

別れた後に余計な空気を残したくない。

あとは余韻で楽しみたい。明るいままの自分を残したい。

 

柳に風…とはこの場合使わないが…。

驚くほどサッパリなのだ。

 

こういう気質が肌で分かって来ると、さりげない表現に

ぐっと来ることが増える。

 

今回の大祭の場合。帰り際に、

「これ、せっかくだから持っていってくれよ。」

 

とお供物を頂きましたが、

 

「本日はわざわざのお越しをありがとうございました。

ほんの気持ちですがお供物を用意させて頂きましたので、どうぞ

帰り際にお持ち帰り下さいね。」

 

と恐縮しきって言われると、こちらも改まってしまい、

気が引けるかも知れない。あくまでもサラッとしているのが

日常なのです。

 

「ついでにお姐さん達にも持っていってあげて。

 よろしく言っといて。」

 

「はい!」

 

と言って顔を上げた時にはそこにもう主催はいない。

他のお客さんの対応をしていらっしゃる。

 

さりげなく土産を持たせる江戸の粋。

 

さて、四ッ谷於岩稲荷の大祭のお供物はいつもこの

駿河台の「ささま」さんの最中です。

私はこのお菓子が大好き!

 

手製の印が押されたのし紙。

涼しげな笹の図柄の包装紙。

キュッと最中を収めてある箱、締め上げた紙紐。

中を開けるとふわっと香る最中の芳ばしさ。

最中の美味さ。

餡の美味さ。シンプル。爽やか。

 

二三日の賞味期限の中、手を伸ばす度に笑顔がこぼれます。

お土産にもさりげない美学が入っていてかっこいいな〜。

 

 

コミュニケーションにマニュアルはありません。

思いやりさえあれば、どんな形でも通じます。

 

 

日大アメフト問題が世間を賑やかしているが、

言葉のやりとりにすれ違いがもしあったとしても、

指示する側に人としての情があれば今回のような

問題にはならなかったのではないだろうか?

 

言葉でなくても通じるものは沢山ある。

思いやりが欠けていたのだと思います。

 

どうかこれ以上成果主義の犠牲者が出ませんように。

きっとこの問題も成果主義によるものだと感じます。

 

さて、来月もよろしくお願いします〜!

スケジュールはコチラ

| 講談関係 | 08:32 | - | - | pookmark |