CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 3月25日 渋谷の 塙保己一史料館2階講堂 にて講談「盲目のジャンヌダル…斎藤百合物語」を致します。 | main | 3/19「旅する三味線 艶くらべ」ご来場ありがとうございました! >>
3月18日「神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜」ご来場ありがとうございました!

「神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜」定員完売!

沢山の方にお運びいただき、ありがとうございました!感謝!!

 

俗曲の檜山うめ吉お姉さんとの初コラボ!!

大変評判が良く、思いが形になり、しかもお客様にいろいろいろいろ

届いたようで感涙!!ご来場ありがとうございました!

 

(撮影:小沢吉一)「番町皿屋敷」講談で噺を進行する京子と

三味線とビジュアルで盛上げて下さいました檜山うめ吉師匠。

 

怪談Dome、去年に続いて第二弾!という訳で、

初回気付いたことを生かし、ドームホールの空間で次は何をしようか…?

とあれこれ思案を巡らせていた時に、

年齢的にぴたっとくるのか!?去年の5月の日本橋亭での

独演会でネタ下ろしした「番町皿屋敷」がとても魅力的な作品に思えて来て、

これまであちこちで高座にかけさせて頂きました。

よっし!これを膨らまそう…と考えました。

 

そこで、共演者をどうしようか?

 

「お菊」…と言えば…、「あ、うめ吉姐さんだ!」

 

と閃いた私^^。出演依頼をいたしましたら「面白そう!」と快諾頂けたので

早速趣旨をお伝えしたのであります。

 

「おね姐さんのビジュアルと、はんなりとしたただずまいと、

三味線の音色がぴったりなんです!!」

 

こうして檜山うめ吉姐さんに助けて頂くことになりました。

 

台本と音源を送らせて頂き、お稽古に付き合って頂き…

「お姉さん、ここはお菊の心情で」

「ここは雪が激しく降っている感じで」

「ここは浪曲風に」

「ここは鐘が鳴っているような感じ」

「ここはせつなく訴えて」

「ここは倒れて」

「ここは起き上がって」

…などお伝えしました。

 

そうです。日舞をされて所作が綺麗なお姐さんには、お菊の動きまで

お願いしてしまいました^^

 

お姉さんも、「じゃあこう?」「こんな感じ?」など、

いろいろと目の前で提示して下さり、「そうそう!!」

なんて言いながらとても楽しいリハをさせて頂いたのでした。

 

それが本番でバチっと合い、お客様に届き、いや〜感動!!

うめ吉姐さん、本当にありがとうございました!

 

 

お稽古をする中で、最近響くのは、弱者の立場に立ったセリフへの

寄り添い方です。

 

お菊は弱者の代表!

 

男性講釈師ならば、お菊を怖〜くおどろおどろしく表現することに重きを

おくことでしょう。そこが男性講釈師の魅力かと私は思いますが、

私は女性です。

 

女性ならではの悔しい思い、切ない思い…を表現したい。

怪談でありながら、一つの噺としてお届けしたい…

という思いが日に日に強くなっている今日この頃。

 

昔からの講談は、分かり易く物語にする時に、弱者を女性にするのが

描きやすかったと思いますが、今は性別を問わず、弱者はあちこちにいます。

やり場のない思いを持っている人だらけの世の中…。

 

私は政治的な発言をするのは好きではないですが、今感じるいろいろな事を

講談に落とし込むことは好きです。

 

今回の「お菊」には、東日本大震災の被災地、熊本地震の被災地など、

仮設住宅集会所での公演で出会った、町民、村民の皆さんとの

交流の中で得た、忘れられない「思い」「言葉」「目」…が

生かされていると思います。

 

それは自然災害を、政府を、自分の運命を、恨む…ということではなく、

やり場のない悲しみから来る無常観のようなものかも知れません。

 

(大雪から一転!曇が晴れ、星々が瞬いている…という演出にして

みました)

 

(いよいよお菊が幽霊になり…)

 

(読み終わりで、笑顔の挨拶♡)

 

「神田京子の怪談」新しいね!!

と多くの方にお声をかけていただき、嬉しく思っています。

これからもどんどん高座にかけて参りたく。よろしくお願いします!

 

最後に、照明の演出、星空の演出、いろいろ要望を聞いて

下さいましたスタッフの皆さま、会を主催して下さいました

北とぴあの皆様、心から感謝申し上げます!!

 

 

 

 

3/18 昼公演「神田京子の怪談Dome」@北とぴあドームホール

 

〜 第一部 桜尽くし寄席 〜

一、落語「狸札」    三遊亭金の助

一、講談「秋色桜」   神田京子

一、俗曲・踊り「夜桜」 檜山うめ吉

 

 〜中入り〜

 

〜 第二部  怪談 〜

一、コラボ講談「番町皿屋敷」 神田京子・檜山うめ吉

一、フィナーレ 出演者全員でご挨拶

 

(120分)

 

 

 

| 講談関係 | 07:50 | - | - | pookmark |