CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< いよいよ明日!!「神田京子の会」@お江戸日本橋亭  | main | 怪談京子写真つらつら >>
昨夜「番町皿屋敷」初演無事に勤めさせて頂きました!

(落語「皿屋敷」を演じて下さいました落語界の氷川きよし!?

 三笑亭可龍師匠と日本橋亭楽屋にて)

 

(終演後楽屋にて。左から三笑亭可龍師匠、鏡味初音ちゃん、

 私、そして瀧川鯉昇師匠)

 

昨夜は大入り満員!沢山のお客様に「神田京子の会〜あやし〜」

@お江戸日本橋亭にご来場いただき本当に本当にありがとう

ございました!

 

テーマが「あやし」ですので、いろいろな意味で怪しい風を

吹かせてらっしゃる方に出演依頼をさせて頂きました。

(風貌が怪しい、芸の色気が怪しい、ネタが怪しいetc…)

 

鯉昇師匠のことは前座時代から大好きで、その風貌とフラと

噺の力と…落語界において大変貴重な存在でらっしゃるので

私の会への出演をご快諾いただき大感謝!中トリで「千早ふる」

を掛けて下さり、大爆笑の渦となりました。

 

可龍師匠!この兄さんは口跡抜群で、絶妙な毒が入りながらの

芝居心満載の高座にいつも関心させられます。特に兄さんの演じる

女性が好きなので、いつかお願いしたい!と思っていた落語「皿屋敷」

をリクエストさせていただきました。兄さんの演じるアイドル

お菊さんにご来場のお客様もキャー!!大爆笑でした。

 

狐の嫁入りのような、怪しい〜風情の太神楽の初音ちゃんには

講談「番町皿屋敷」の前の膝を勤めて貰いました(トリの前の箸休めを

膝と言います)。太神楽の名技を披露していただきました。

 

ありがたい〜!!!

 

こうやってお客様の感情をあちこちに揺すって下さる助演が

あってこそのトリの怪談噺です。

 

御陰さまで、「番町皿屋敷」は初演でしたが大船に乗ったつもりで、

師匠陽子から厳しく習ったこの噺を、丁寧にお届け出来、御陰で

大好きな演目となりました。感謝!!

 

自分的にはもっとこうしたいという所や、技術が追いつかない

ところもあるので、これからどんどん練って磨いて参りますね。

こういう研鑽の場が持てるというのは、支えてくださるスタッフさんの

御陰であり、又何より、ご来場のお客様があってこそ!

駆けつけて下さり大感謝〜!!!

 

 

最後に今回のラインナップです。

 

 

「神田京子の会〜あやし〜」

 

一、前座

一、新作落語 古今亭今いち「雨乞い村」

一、講談 神田京子「ごあいさつ」「カルメン」

一、落語 瀧川鯉昇「千早ふる」

中入り

一、落語 三笑亭可龍「皿屋敷」

一、太神楽 鏡味初音

一、講談 神田京子「番町皿屋敷」

 

〜終演〜

 

前座:伸力、鯉佐久、全太郎

お囃子:尚美 (笛:今いち)  <敬称略> 

 

 

以上のメンバーでお送りしました。

怪談の鳴り物は、尚美お姉さんの粋な三味線の音色と

今いちくんの怪しい笛、鯉佐久くんの太鼓(ドロ・雪音・水音)、

照明は全太郎くんに助けて頂きました。

 

全て生音の寄席の世界。

また是非体験して下さいね!

 

お待ちしています〜。

 

 

 

 

 

| 講談関係 | 11:41 | - | - | pookmark |