CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 寄席休席のお知らせ | main | 9月18日は”新”神田京子独演会 こんな時代だから「平和」を祈る講談3連発!! >>
7月27日は>>マレーシアの伝統芸能「語り部」紹介のイベントにゲスト出演致します!


以下ムティアラ・アーツ・プロダクションさまHPより。

>>

【公演】7.27(月)

マレーシアの「語り」文化と日本の「語り」、「講談」、カンポンの夜・紡がれる物語 〜村の語り部 「アワン・バテル」と「タリッ・セランピッ」

日本の講談師・神田京子をゲストにお迎えし、

日本語のお話しとともにお楽しみいただきます。

ボイスパフォーマー・徳久ウィリアムと

ギタリスト・助川太郎が口琴、ボイスでマレーシアと

日本の芸能をつなぎ、本公演をより味わい深いものに!


■ 日時:7月27日(月)20:00 開演(19:00 開場)
■ 料金:予約 3,000円(当日 3,500円)
■ 場所:アサヒ・アートスクエア (浅草)
■ 出演:ロムリー・ビン・マハムード (ペルリス州の語り部)

    チェ・マット・ジュソー(クランタン州の弾き語り)

    神田京子(講談師)

    徳久ウィリアム(口琴、ボイス)

    助川太郎(口琴)

 *27日は、会場にてマレーシアの国民的ごはん

「ナシレマ」を50食限定販売いたします!

(マレーシア料理店「マレーカンポン」協力)


■ 会場アクセス:アサヒ・アートスクエア

東京メトロ銀座線「浅草駅」4、5番出口より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」A5番出口より徒歩10分、

「本所吾妻橋駅」A3出口より徒歩6分
東武線「浅草駅」より徒歩6分

 

【ご予約・お問い合せ】

 ムティアラ・アーツ・プロダクション(担当:上原)

お名前、連絡先(メール/電話番号)、

人数をメールあるいは、このページのコメント欄に

ご記入いただき、お申し込みください。

メールアドレス: mutiara.arts.production@gmail.com
ウェブサイト: http://mutiara-arts-production.com/

 

【アワン・バテル(Awang Batil)】とは・・・

マレーシア・ペルリス州に伝わる語りの芸能。

語り部は胡座をかいて床に座り、真鍮の鍋のような

ボールをひっくり返し小脇に抱え、テンテコ叩きながら歌い、

語ります。楽器を太鼓やバイオリン、リード楽器

「スルナイ」に持ち替え、面を付け替えながら

物語は進みます。テンテコ・テンテコ楽器を叩きながら

語る物語は、日本の昔話にどこか似ています。

 

Awang Batil Pak Romli

Awang Batil ロムリー・マハムード氏

【タリッ・セランピッ(Tarik Selampit)】とは・・・

タリッ・セランピッは、マレー半島東海岸北部の

クランタン州やタイ南部のパタニ地方を中心に

広がった弾き語りの口承伝統です。演者は

「トッ・セランピッ」と呼ばれ、マレーの三弦の

弦楽器ルバブを弾きながら歌い、語ります。

アワン・バテルのように面などの小道具はないため、

声色を変えて場面の変化や登場人物を演じ分けます。

今回は歌をお楽しみいただきます。

CheMat_Edit_Zamree

Tarik Selampit チェ・マット・ジュソー氏(写真提供:Zamree Salleh)

 

■ 主催: ムティアラ・アーツ・プロダクション
■ 助成:PETRONAS
■ 協力:Hati Malaysia、ODD PICTURES、NUSA CENTRE、すみだ川アートプロジェクト、ポレポレ坐


※関連イベントなど詳細は>>コチラ

| 文化交流事業 | 16:57 | - | - | pookmark |