CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
6月15日「講談とClassic Music」大阪にて開催!!

 

 

昨年ご好評頂きました「講談×オーケストラ」@兵庫県西宮市

プレラホールに続いて第二弾!!

 

フルート奏者で今回の企画者でもあるカヴァちゃんこと、

川端裕美さんと素敵なメンバーとご一緒致します!

 

講談は、堺出身の歌人の女王「炎の歌人 与謝野晶子」他一席。

音楽は、古典の名曲と、なななななんと!!昭和歌謡の名曲を!!

 

是非是非お待ちしています!

| コラボレーション | 20:14 | - | - | pookmark |
3/19「旅する三味線 艶くらべ」ご来場ありがとうございました!

目黒雅叙園 「舞扇」にて300名様のお客様が邦楽ショーを

楽しまれました。

 

この企画は、長唄三味線の奏者でいらっしゃる稀音家千鶴先生

の発案により「三味線文化を多くの方に知って頂きたい」と

都内のホテルや個性的な会場にて毎年行われ、今回で八回目という

プロジェクトです。

 

「邦楽」というと…なんだか難しい〜と思われそうですが、

見せ方を工夫するとこんなにも分かり易く、楽しく、しかも

嬉しい!!のだ!ということを実感させてくれるスバラシイ内容

でした。

 

今回は、三味線文化が中国から渡来して、琉球にて沖縄三味線(三線)

となり、それが大坂・界の港に渡り、上方文化と出会う所から

始まります。上方で花開いた三味線文化は、その後、北前船に乗り、

瀬戸内を日本海へ抜けて、沿岸沿いに東北・北海道へ渡ります。

そしていよいよお江戸入り…。

 

という流れで、それぞれの土地で発展し、その土地ゆかりの曲目

が演奏され、そして舞が舞われました。

 

(楽屋でのオフショット!素敵なゲストメンバーと楽屋にて。

左から「越後獅子」を踊られた若月仙之助さんと後見の弟さん、

三線演奏家の日高桃子さん、京子、琉球舞踊家の中村知子さん、

津軽三味線の山中信人さん、尺八演奏家の川村葵山さん)

 

 

私はその進行を勤めるナビゲーター役!

舞台下手に高座を設けて頂き、大変貴重な、やりがいのある

お役を勤めさせて頂きました。

 

「3分で分かる勧進帳」も講談でお届けしましたよ〜。

 

(撮影・山中信人さん、京子リハーサル風景)

 

 

3/19 ディナーショー

「旅する三味線 艶くらべ」@目黒雅叙園2階 舞扇

 

第一弾 長唄…「阿国歌舞伎」

 

    講談…「出雲の阿国のお話」「三味線の伝来のお話」

       「琉球〜大坂・界〜上方文化へ」

  

    琉球古典うた三線と踊り…「女特牛節」「安里屋ゆんた」

               「鳩間節」

 

    尺八…虚無僧演奏 古典・新作二曲

        

 

第二弾 講談…「北前船に乗り越後から津軽へ」

 

    長唄と踊り…「越後獅子」

 

    津軽三味線と尺八…即興演奏

 

    津軽三味線演奏…即興演奏と「津軽じょんがら節」

 

 

第三弾 講談…「いざお江戸入り」「総合芸術 歌舞伎について」

       「吉原の存在」

 

    長唄…「吉原雀」

    長唄と踊り…「岸の柳」

 

第四弾 講談…「和事・世話物・荒事〜曲の背景」

       「三分で分かる勧進帳」「締めの言葉」

 

    長唄「勧進帳」

 

フィナーレ

 

 

「豪華客船で本当に旅した気分になった!!」

など、熱量の高いご感想を沢山頂けて、とっても嬉しかった!

 

総合プロデュースの稀音家千鶴先生もダブルピース!!

 

 

一つ一つ、ベストを尽くして準備をし、本番に臨めば、大きな感動という

ビッグプレゼントにありつける!

子育てしながらの私には、そんな個人的な収穫もあったスバラシイ経験でした。

 

素敵な邦楽ショー!また機会がありましたら是非皆様いらして下さいね。

 

お声がけ頂きました稀音家千鶴先生、長唄社中のみなさま

(海津紫乃さん、真鍋希帆さん、杵屋巳織さん、

佐藤さくら子さん、福原百恭さん、島村聖香さん、

梅屋貴音さん、福原千鶴さん、望月実加子さん)、

島ちゃんさん始めスタッフのみなさま、ゲストの皆様、

ありがとうございました!

 

さあ〜、今日は春お彼岸です。

心穏やかに一日を過ごせますように。

| コラボレーション | 09:25 | - | - | pookmark |
神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜

 

神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜

 

うめ吉お姐さんとのリハーサルも終わり、

息ぴったりの演出でお届け致します!

まだまだご予約お待ちしています〜♡

 

↓ 詳しくは北とぴあHP

 

《出演》

神田京子(講談)

桧山うめ吉(俗曲)

 

《演目》

怪談「番町皿屋敷」ほか

公演日時
2018年3月18日(日)
開場・開演時間

開場:13:00

開演:13:30

終演:15:30(予定)

会場
ドームホール  

定員:80名

全席自由
入場料
一般料金

   一般:2,000円

高校生以下:1,000円

 

 

※未就学児は入場不可

※高校生以下の方は当日年齢のわかるものをお持ちください。

※当日は先着順にご入場いただきます。

※一部見えにくいお席がございます。ご了承ください。

チケット取扱い
  • 北区内チケット取扱い

    北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ10:00〜20:00)

問い合わせ先
北とぴあ管理事務所 TEL:03-5390-1101
主催

北とぴあマネジメント共同事業体

北とぴあ1階チケット売場について

1月15日、3月12日(月・臨時休館日)は

窓口10:00〜18:00となります

| コラボレーション | 18:36 | - | - | pookmark |
3月18日は「神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜」 @北とぴあドームホール

今年も”怪談ドーム”シリーズです!!

元プラネタリウムの丸い天井に怪談噺が響きます〜。

今回は俗曲の檜山うめ吉お姐さんをお招きし、

和風のコラボレーション!寄席とは違った雰囲気をお楽しみ下さい。

 

 

 

↓ 詳しくは北とぴあHP

 

昨年度好評を得た「怪談Dome」シリーズ第2弾。

江戸番町が舞台の怪談話「番町皿屋敷」をドームホールにて

講談師・神田京子がコラボ企画でお届けします。

 

《出演》

神田京子(講談)

桧山うめ吉(俗曲)

 

《演目》

怪談「番町皿屋敷」ほか

公演日時
2018年3月18日(日)
開場・開演時間

開場:13:00

開演:13:30

終演:15:30(予定)

会場
ドームホール  

定員:80名

全席自由
入場料
一般料金

   一般:2,000円

高校生以下:1,000円

 

 

※未就学児は入場不可

※高校生以下の方は当日年齢のわかるものをお持ちください。

※当日は先着順にご入場いただきます。

※一部見えにくいお席がございます。ご了承ください。

チケット取扱い
  • 北区内チケット取扱い

    北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ10:00〜20:00)

問い合わせ先
北とぴあ管理事務所 TEL:03-5390-1101
主催

北とぴあマネジメント共同事業体

北とぴあ1階チケット売場について

1月15日、3月12日(月・臨時休館日)は

窓口10:00〜18:00となります

| コラボレーション | 09:26 | - | - | pookmark |
「Orquesta Libre plays 三文オペラ2018」改めてご来場感謝!!

 

2月1日、2日に開催された3年ぶりの再演!!

たっくさんのお客様にいらして頂き、「楽しかった!!」

「お芝居で見るより根幹が伝わった!!」「笑って泣いて

感激した!!」「何度見ても発見がある!!」など…

嬉しいご感想を方々でいただきました!!

 

 

又お目にかかれる日を楽しみにしております!

 

 

「明日は明日の風が吹く〜!!」BYポリー

 

いらして下さいました全てのお客様に、

支えて下さいましたスタッフお一人お一人に、

共演させて頂きました、Orquesta Libre の皆様、

ボーカル 柳原陽一郎さん、役者 松角洋平さん…、に

大感謝です!!

 

 

神田京子拝

| コラボレーション | 11:19 | - | - | pookmark |
「オルケスタ・リブレ plays 三文オペラ2018」 まであと三日!!前売りチケットご予約は31日まで承ります!

 

オルケスタ・リブレ plays 三文オペラ2018 
 

【日時】

2018年2月1日(木)
2018年2月2日(金)

18:15開場 19:00開演

 

【会場】牛込箪笥区民ホール

 

【料金】全席自由 4,000円(前売り)   4,500円(当日)

 

【出演】


Orquesta Libre(オルケスタ・リブレ)
芳垣安洋 (ドラム)
青木タイセイ (トロンボーン)
塩谷博之 (クラリネット)
藤原大輔 (テナーサックス)
渡辺隆雄 (トランペット)
ギデオン・ジュークス (チューバ)
高良久美子 (ヴィブラフォン)
鈴木正人 (ベース)
椎谷求 (ギター)
岡部洋一 (パーカッション)

柳原陽一郎 (歌)
神田京子 (講談)
松角洋平 (芝居)

構成 : 所奏 (文学座)
音響:山口宜大
照明:(株)RYU
 

【チケット】
e+(イープラス)   〇お申込みページ
カンフェティ         〇お申込みページ

JCAA事務局         TEL:03-6666-6266(平日10:00〜17:00)

                          FAX:03-6666-6267 Mail:info@jcaa1970.com

【問合せ】

hanai studio mail: studiohanai[at]gmail.com 

 

 

 

3年ぶりの再演!!

それぞれの活動を経て、さらにパワーアップした今年の「三文オペラ」を

是非御覧ください!!

 

政治や経済など…行き詰まりを感じる今、ブレヒトが19世紀の

ヨーロッパを舞台に社会風刺をふんだんに盛り込み、世の中に

警鐘を鳴らし続けたこの作品はこれから世界中でいろいろな形で

上演が繰り返されることでしょう。

既にKAATでは松岡充さん主演で大好評の演劇「三文オペラ」が

奇しくも私たちと同時期に開催されています。

 

こちらは、演劇ではなく、三文オペラの要となっている

クルトワイルの音楽に焦点をあて、物語の内容を講談と

一人芝居で楽しんで頂きながら、劇音楽そのものを

たっぷりご堪能いただくコンサート企画です!!

 

ジャズだから出来る自由性の高い舞台!

 

それぞれの持ち味を生かし合いながら、音楽と芸と歌詞が大いに

遊びます!今年ならではの一期一会の舞台をお楽しみに〜。

 

京子より

| コラボレーション | 10:55 | - | - | pookmark |
話芸舞台「残り者」満員御礼!ご来場ありがとうございました!

(ステージ集合写真:左から池田郁子さん、近藤サトさん、

内藤和美さん、斉藤由織さん、むかいさとこさん、神田京子…

全て日芸朗研西澤ゼミOG!)

 

11月20日(月)19時〜・21日(火)14時〜 @内幸町ホール

二回公演無事に終わりました!

駆けつけて下さいました皆さま、大感謝です!!

 

(素晴らしい舞台美術は脚本・演出の多賀谷忠夫さん)

 

大学時代、落研(落語研究会)には全く興味がなかったのですが、

高校時代に憧れていた当時フジテレビアナウンサーの近藤サトさんが

所属していた朗研(朗読研究会)に入り、舞台朗読を始めたのが19歳。

あれから21年が経ち^^、先輩達の晴れ舞台に講談師として舞い戻って

参りました!

 

楽しかった〜!!!

 

そして、自分があの頃と変わらず話芸に取り組んでおり、

今はそれを講談という職業にしており、それがどうやら今回の舞台に

役立っており…というのが大変嬉しく、講談師としての自分の軸も改めて

感じることが出来て、本当に本当に有意義な経験となりました。

 

主催の話芸集団ぶれさんぽうずの皆様、支えて下さいましたスタッフの皆様、

ご来場下さいました皆様に、心から感謝申し上げます!!

このステージは地方出張もしたいな〜!!!

プロデューサーの皆さま!!

ご依頼お待ちしています^^

 

 

さて内容は、江戸城明け渡しの最後のひとときを大奥で過ごした5人の

奥女中の物語。朝井まかて先生原作「残り者」をユニークに朗読舞台に

仕上げた作品です。

 

 

江戸城明け渡しとなれば大奥に勤めていた女中達のこれからはどうなるのか?

楽しい事も辛い事も過ごした御殿内だったが「なくなる!」となると…、

官軍に引き渡される有り様をこっそりどこからか見届けたい気持ちも沸き…、

しかしその様を実際に目の当たりにして…、

そしてあっという間に明治時代。あの時の5人はたくましく生き…、

 

冒頭とクライマックスを講談で額縁作りさせて頂き、

一人一人の朗読とセリフの読み分けで進行していく朗読舞台。

明治元年から150年という記念の年を目前に控え、

さらに篤姫ご命日に合わせた公演日!ということも合わせ、大変盛り上がり

ました。

 

お客様の想像力をお借りするエンターテインメントゆえ、見たまま楽しい!

という分かり易いステージとは違いますが、お客様の反応が大きかった

ことに強い手応えを感じました。

 

もしかすると、見た目の分かり易さは、テレビやスマホで十分日々満足して

いるので、「自分で想像して楽しむ」ことに飢えていらっしゃるのかも!?

 

これは、講談会でも感じることで、ここ数年「想像したい!」というお客様が

年々増えている気がするのです。

 

終演後のお客様の爽やかな笑顔は「想像出来た!!」喜びも含まれていると

感じます。

 

わ〜〜〜!もっともっとこういう和が広がりますように。

夢は膨らむ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

| コラボレーション | 07:45 | - | - | pookmark |
”話芸集団 ぶれさんぽうず” 秋の公演に講談 進行役で出演!

”話芸集団 ぶれさんぽうず”秋の公演に講談スタイルの進行役で出演

させて頂きます。


11月20日・21日 内幸町ホールにて。

 

江戸城明け渡しの前夜、大奥では・・・。

 

素敵な大人の朗読舞台に、「見て来たような嘘」をつくべく参加

致しますよ〜^^ お楽しみに!!

 

詳しくはコチラ

 

| コラボレーション | 10:27 | - | - | pookmark |
スーツケース茶室「禅庵 Zen-An」お披露目パフォーマンスを、講談進行役で相勤めました!

 

東京国際フォーラムにて開催された「ものづくり・匠の技の祭典2017

において、江戸の匠の技をギュギュッと凝縮してお届けする、茶室建築

デザイナー椿邦司先生の新提案「スーツケース茶室 禅庵 Zen-An」の

お披露目ステージのパフォーマンスに登場!!

 

 

「オリエンタル特急禅庵事件」と題した節劇風のパフォーマンスで

東洋の、日本の、江戸の、匠の技を世界へ発信いたしました!

 

名探偵のあの!名作のパロディでお話を展開!

今回はわたくし、脚本も担当させて頂きましたよ〜。

 

オリエンタル特急の終着駅、フランスはカレー駅のプラットホームで

残された一組の荷物・・・。持ち主を探したが見当たらない。そこで

たまたま出くわした名探偵ポ・エロと東洋文化に詳しい美女とそれを

面白がる淑女たちが、あ〜だこ〜だと言いながら荷解きをして行きます。。。

 

 

紅溜色のオリエントのスーツケースに納められている道具を一つ一つ

取り出して、、、なんだこれは?なんだこれは?と想像しながら、

徐々に日本の匠の技を披露して行くこととなる!!

 

パズルのように組み立てていくと、あらあら不思議!

 

 

ほぞ組を作った匠の益田大祐さん自ら黒子として登場!!

せっせと柱を立てて行き。。。

 

 

徐々に全貌が明らかになります。

 

 

「これはジャポンのティールームですわ」と、お茶会が繰り広げられ

一件落着!というストーリー。

 

 

茶室建築デザイナー椿邦司先生の登場!

茶室にお軸を飾り、今回ご提案の「スーツケース茶室」についての

説明がありました。

 

 

茶室に詰まった全ての匠にご登場いただき、ディスカッション!

 

華やかなステージとなりました。大成功!!おめでとうございます!

アメリカでのお披露目も決まったとか!!

発案からお披露目ステージのプロデュースまで何から何まで

お疲れ様でした。そして今後の素晴らしい展開を楽しみにしています〜。

 

共演者をご紹介します!

 

名探偵ポエロ:藤田慶輔さん

ポーター:荒木ろんぺーさん
淑女:黒部菜々佳さん

   長嶋里沙さん

活発な美女:秋乃ろーざさん

 

 

そして、素晴らしいスタッフの皆様!!

一緒にアイデアを出し合って、素敵なコラボレーションが

出来た事に心より感謝致します!

 

パフォーマンスの模様はコチラ!!

 

そして、匠の皆様をご紹介した映像はコチラ。

製作:オッドピクチャーズ

企画:椿建築デザイン研究所

翻訳:秋乃ろーざ
協力:表具経師内装文化協会  <敬称略>

 

匠:石井芳弘さん(表具師)

  益田大祐さん(指物師)

  小曽根涼一さん(畳)

  相澤彰宏さん(表具師)

  田中耕太朗さん(簾)

  小関友実さん(ティードレス)

 

 

ブラボ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

| コラボレーション | 08:05 | - | - | pookmark |
「講談×オーケストラ Yu-Gi」改めてご来場ありがとうございました!!

初演!「講談×オーケストラ Yu-Gi」@西宮市プレラホール

が無事盛況の中終わりました!!!

 

↑「おおきなかぶ」でテンション上がってステージの前まで飛び

出す京子!!^^

 

 

沢山のお客様にお越しいただき、「感動した!」

「まさか泣かされるとは思わなかった!」

「家族で楽しめる貴重なコンサートだった!」…などなど

嬉しい反応をいただきました。

 

良い集中力と遊び心で90分勤めることが出来、

「大変意味のある」コラボレーション公演となったことを

ここにご報告いたします。

 

ご来場の皆さま、共演の皆さま、スタッフの皆さま、

ホールの皆さまに…感謝!!

 

以下、「講談×オーケストラ Yu-Gi」のラインナップをご紹介〜。

 

 

1、「おおきなかぶ」

(オーケストラのみなさんの音で「うんとこしょ!どっこいしょ!」

 

(まだまだかぶは抜けません!!客席の手拍子の力も借りて

「うんとこしょ!どっこいしょ!」ポーン!と抜けました!!)

 


2、怪談「播州皿屋敷」

(兵庫県のお菊さんをオーケストラのみなさんと!

 音楽監督白谷隆先生作曲の「お菊のテーマ」や楽団の皆様一人

 一人の奏でる効果音にノリノリの京子!)

 


〜休憩〜


・音楽コンサート


・「ベートーヴェンの生涯」詩人・桑原滝弥作

(人間味溢れるベートーベンに、音楽もどんどん力が入る!!)

 

 

・カーテンコール!!

(企画者でフルーティストの川端裕美先生が感涙!!私も

 この夢のような企画が叶って嬉しかった〜。脚本で参加の

 詩人・桑原滝弥と我が息子も登場〜^^)

 

 

改めて、オーケストラ【Yu-Gi】メンバーをご紹介します!

 

 

フルート     川端裕美     

クラリネット   井谷一美     

ホルン      藪内泉      

バイオリン    吉矢千鶴  

バイオリン    井上望美

ビオラ      橋本涼子

チェロ      崎元蘭奈

コントラバス   長谷川光

ピアノ      楊美希 

パーカッション  小川悟史  

 

指揮       白谷隆

 

 

拍手〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

 

※終演後は、楽器に触れたり、ロビーに特設された高座にて

張り扇を叩いたり出来る体験コーナーもあり、会場が和気

あいあいとしていました。

 

 

 

 

嬉しいご感想をご紹介〜。

 

一、三世代5人で参加のご家族(70代、40代半ば、10代)

 

絶対忘れない会!

楽しく素敵な時間を過ごせました。
終演後、大人も子供も舞台に上がって好きに

高価な楽器を触らせてもらったり、

音の出し方を教わったり、最初から最後まで

感動のイベントでした。

 

二、親娘二人で参加(70代、40代)

 

旦那さんの詩、書いたものを
奥さんがよむ、講談する
それに合わせての
臨場感あふれる音楽、演奏が
本当に素敵でしたー!
演奏を聴いて泣いたの初めてだよー

次回は子連れで行きたいです!

 

 

三、親戚と参加(40代、60代)

今日は新しい講談のカタチおもしろかったよー!
あの流れで第九を聞くと、鳥肌たちました!

 

 

みなさま、お盆のご家族団欒の時間を、

私たちと一緒に過ごして下さりありがとうございました

| コラボレーション | 18:41 | - | - | pookmark |
| 1/8PAGES | >>