CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
“思わず笑顔”の土鈴館@郡上市白鳥町大島

日本土鈴館のパンフレットと資料)

 

地方の博物館が熱いパート2!!

 

里帰り出産の為帰省中の私ですが、まだ生まれる気配が

ないので様子を見ながら好きなことをさせて頂いて

おります^^

 

今回は郡上市白鳥町大島にある「日本土鈴館」のことをご紹介

申し上げ奉ります〜。長いですよ〜^^

 

相当な数の全国の土鈴が、なぜか岐阜県の山間、白鳥町に

あるというのは、子供の頃から存在は知っておりましたが、

行ってビックリ!!見てビックリ!!

 

まさかこんなにすごいとは思いませんでした。

(写真がなくてすみません。産後に再訪して撮影して来ます〜)

 

古い日本家屋の形の博物館で、3棟すべてに渡ってギッシリと

土鈴をはじめ、土雛、河童の人形や絵、焼き物、

昭和の玩具、マッチ箱、箸袋、絵葉書、お土産提灯など…、

日本の懐かしい〜空気を楽しむことが出来ます。

その数10万点以上!!

 

コレクションをされ続ける情熱もすごいが、

それを個人の趣味として楽しむのではなく、又骨董品としての

価値を発見する目的ではなく、無心に、無邪気に、ただただ

「自分だけでは勿体ない。みなさんに楽しんで頂きたい」と

いう思いから博物館開館に至ったという、館長の温かさ、

人情に感激しました!

 

入口から入って出てくるときには「思わず笑顔」になって

しまう不思議な陳列方法。

 

特に土鈴や土人形の「これでもか〜」という数には圧倒され

全体を見て、さらに一点一点拝見していくと、作品の制作背景

までが浮かぶようで、目頭が熱くなりました。

 

これらは全て、無名の作家がこしらえたもの。

(農閑期に作成したり…の時代)

 

それを、館長が若い頃に、夜行列車を乗り継いで

土地のお祭りや文化に触れながら、

各地の方言の移り変わりを肌で感じつづ、

思い出や景色と一緒に購入して帰られる日々を重ねられ

お蔵に入れていらしたようです。

 

しかし、「私蔵」は「死蔵」だとある日気づき、

お蔵の中の古いコレクション達に光を当てることを決意され、

還暦を迎えられた年に「日本土鈴館」を立ち上げられました。

 

現在館長さんは御年88歳!!

 

スピード社会、合理主義的な事が良しとされる世の中で、

忘れ去られた懐かしき昔遊びやぬくもりを、一人でも多くの方に

体験してほしいという気持ちで、米寿を迎えられた現在も、毎日

博物館でお客様お一人お一人を笑顔で迎えられていらっしゃいます。

 

※ドライブ全盛期は、博物館のある国道156号線が華やいでおり

来訪客も多かったようですが、近くに高速道路が出来、さらなる便利と

引き換えに、旅=目的地という、寄り道の楽しみが薄れた昨今は、

残念ながらかつての賑わいは薄まってしまったようです。

 

(日本土鈴館館長から素敵なお返事を頂きました♡)

 

そんな「日本土鈴館」を私もみなさんに知って頂きたい!!

 

感激したら即行動!がモットーの私。

 

そこで、「日本土鈴館」を訪れた翌日に館長の遠藤一男さん

宛てに感激の手紙を出しました!すると、すぐにお返事が!!!

 

私が訪問させて頂いた日には、たまたま年に数回の土鈴仲間との

会合兼米寿のお祝いで大阪にいらしてて会えずに残念だった…

という文章から始まり、

 

小学5年生の時に名古屋から白鳥町に転校され、中学は美濃市

俵町に下宿して武儀中学校に入学されたこと、中学3年生からは

大東亜戦争の末期で学徒動員の為、川崎航空にて連日飛行機造りの

毎日だったこと。

空襲に追われ辛い学生生活を送ってらしたこと…など

達筆でつづられておりました。

 

そんなつらい中でも、救いはマッチ箱や箸袋、絵葉書など

小さなコレクションだったと。

 

『終戦と共に、皆さんが急に新しい文化に心奪われ、古き良き

日本の味を忘れ去られるのが悲しく、皆から捨てられるもの

忘れ去られるものを集め続けて全国旅をしてきました』

 

という遠藤館長。

 

私も、講談師になるきっかけが

『世の中から忘れ去られそうな講談をなんとかつなげたい』という

気持ちだったという初心を思い出しました!

 

古いだけが良いものではないのは分かっているが、

大切なことというのは、言葉でなく、必ずこういった

先人の残してくれる文化の中に、それとなく潜んでいる。

 

その空気や雰囲気というのは、「イエス」「ノー」○か×…、

というような、常に肩肘はっていなくては生きていられない

昨今のムードの中で苦しんでいる私たち世代に、

生きていく為の余白を与えてくれる。

 

私はこういった、思いのこもった博物館が大好き!!

「日本土鈴館」いいね!!

 

最後に、館長の遠藤一男さんからの言葉を贈ります♡

 

 

私の夢

 

夢を持つのは、ステキなことです

大きな夢、小さな夢、どんな夢でもたのしいです

叶えることより捨てずに持ち続けることです

 

 夢を見て、夢を育てて、夢に活き、

 夢に感謝の、夢の人生

 

 

    日本土鈴館 遠藤一男

| 京子好み | 22:09 | - | - | pookmark |
お国自慢^^ 10/8(土)9(日)の美濃市は「あかりアート展」

(岐阜県美濃市 爐Δ世”の上がる街並み)

 

今回はお国自慢。私のふるさと、岐阜県美濃市のご紹介〜。

山と川とに囲まれた自然豊かな土地。海のない山国で、

豊かな自然や伝統文化・伝統工芸が数多く残っています。

 

 

戦国時代に天下分け目の中心に近かったせいか、

方言には「ご無礼します」「〜ござる」など侍言葉の敬語も

日々の生活に飛び交っています。

 

江戸時代は上有知藩といい、戦国武将で美濃源氏土岐氏の支流、

金森長近の治めた土地でした(落語の祖と呼ばれ、「醒酔笑」を

編した僧・安楽庵策伝は長近の弟と言われております)。

 

奈良時代から和紙の生産が主な産業で、

市内中央の小倉山という小高い山にある山城を中心に城下町が広がっており

故に商人の多く住んでいた区画には「卯建=うだつ」の上がる家々が連なっ

ています。

 

 

※「うだつ」とは防火壁のこと。これを設置するのには相当費用がかかる。

設置できるということは、出世してお金持ちになったという証拠。

「出世しない」=「うだつが上がらない」の語源。

 

食べものは、春は筍やぜんまいなど山の幸。

夏は川魚の鮎。秋は柿や栗などを美味しく頂けます。

(「道の駅 にわか茶屋」などでご堪能くださいね)

 

市内を流れる長良川、さらに上流の支流も水がきれいなので、

6月の終わり頃になるとホタルを見ることが出来ます。

全国に誇れる山紫水明の地。ぜひ一度おんさいえか!

(ぜひ一度いらっしゃいね)。

 

とは言うものの、いつ訪れたら良いの?という皆様におススメなのが

今週末10月8日、9日の「あかりアート展」です。

 

うだつの上がる街並みに、世界中のアーティストが作った和紙灯篭が

等間隔に並べられ、とても幻想的な風景が広がります。

イベントの時期は混んでて苦手…という方は、10月14日〜11月30日

の期間も展示が続きますので、その間にゆったりいらっしゃるのも

良いですね。

 

他に4月第二土日には「美濃まつり」という伝統的なお祭りがあったり、

年間を通して、様々な催し物がありますので、まずはそういった所から

いらしてみてはいかがでしょう?

 

しかし!!美濃の魅力は奥深い!

日常の静かな時にこそおススメディープスポットがございます^^

その辺りはまたいつか〜。

 

>>美濃市へのアクセス

| 京子好み | 07:22 | - | - | pookmark |
10月に入りました!夢とお腹がますます膨らんでいます^^

(今のうちに映画を!と隣町のシネックスに通う京子^^

話題作「シン・ゴジラ」「君の名は。」を観ました)

 

天高く馬肥ゆる秋!とはなかなかいかず、秋の長雨が

続く日々ですがいかがお過ごしでしょうか?

次から次へと台風が発生してるので、引き続き天気予報に

ご注意くださいね。

 

私は、臨月に入り、いつ赤ちゃんが生まれても良い

時期となっていますが、お腹の居心地が良いのかな?

まだまだ予定日まではお腹にいてくれそうです。

 

今はゆっくりと、来年の公演に向けての準備や打ち合わせ、

主催者様とのやり取り、事務的な連絡…など、

今のうちにしておくべきことをこなしながら、ほぼ毎晩

50分の散歩を続け、お産に向けた体力づくりをしています。

 

引き続き塩分糖分油分の取りすぎを注意し、水分や繊維質を

多くとるようにし、体重が増えすぎないように心がけている

今日この頃。

 

そのせいか、妊娠前より痩せた?とか、締まった?と

言ってくれる友達も。

 

体重は妊娠前よりちゃんと8キロ増えてます。

(一般的には+12キロまでは増えてオッケーと言われていますが、

里帰り出産先は+10キロ行かないようにと指導…。週に一度の診察

では、毎回体重測定がありますが、診察日は朝ごはんを少な目めにし、

診察後に昼ごはんを多めに食すという、だんだんボクサーの心境に

なって来ましたよ〜。わはは。)

 

でも、この一年で随分健康体に変わったので、この機会に、

三食しっかり食べて適度な運動をする、という習慣を今後も続けて

いけたら良いな〜。

 

さて、「シン・ゴジラ」とても良かった!!

映画館で観るべき作品であり、迫力があり、時代の風刺も満載で

ケレン味があり、音楽良し、役者良し、脚本良し、恰好良かった。

突っ込むところ、適度な余白、たたみかけ…、

出来の良い講談の形を観させて頂いた気がした。

 

一方「君の名は。」は私には少しゆるかったかな^^

とても美しい映像で展開も面白く、テーマ的にも心を打つ所があり

良かったのだが挿入歌や主題歌が私には合わなかったかも。

音楽にまで言葉が多すぎて、あれもこれも詰めてしまった感が…。

 

どうしても仕事目線で観てしまう職業病的なところがあるので

これから観る方、もう観た方、気分を害されたらお許しくださいね。

 

映画を二本観て実感したのは、「講談をしたくなった」という事。

映画のような凝った演出はできない一人話芸の講談で、どこまで

お客様の想像力をお借りしてエンターテイメントもしくはそれを

超える付加価値のある芸に昇華出来るのか!?

 

挑戦したい気持ちがムクムク〜。

 

この気持ち、もう少し温めるぞっ。

| 京子好み | 16:18 | - | - | pookmark |
地方の博物館が熱い!!「東海地方の円空仏」@岐阜県博物館 素晴らしかった!!

岐阜県博物館四十周年記念 特別展

「東海地方の円空仏」に行って来ました。

(関市の百年公園内にある岐阜県博物館本館4階)

 

小さい頃よく出掛けた隣町の関市(刃物の街)にある百年公園。

山の自然をうまく生かした素晴らしい公園で、

遊歩道を散歩したりアスレチックで遊んだりしたが、

近くにいながら実は博物館に入るのは初めて!

 

今回は大好きな円空さんの企画展だったので、

早速足を運びました。

 

素晴らしい展示内容!

 

地域に根ざしたオリジナリティ全開の、

素朴な円空仏が沢山展示されていました。

 

2013年に上野の東京国立博物館140周年企画で開催された

「特別展 飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡」や

2015年に横浜そごう美術館にて開催された「円空 木喰展」では、

展示方法も派手で、見るものを圧倒させる大作が所狭しと並んでおり、

初めて円空仏に触れる方々にも分かりやすい形での展示でした。

さすが中央!といったご紹介のされ方だったのを覚えています。

 

今回の岐阜県博物館での特別展では、

円空仏が、庶民に根付いていたという素朴感を、

より一層感じられる仏像が集められ、展示されていました。

それがとても良かった。

 

最近、地方の博物館の展示に大きな魅力を感じます。

 

それは、地域色が強く、それだけに、その土地に根ざした

マニアックな(良い意味で)展示方になることがあるからです。

そこには土地の人々の思いが充満し、全体を意識しすぎて

かえって薄まってしまう可能性が高くなる中央の展示とは

真逆なエネルギーが働くことがあるからでしょう。

そういう展示に遭遇したときに「来てよかった〜」と思えます。

 

 

北海道から四国まで(発見された場所から)、

生涯で約12万体を彫り、お寺さんだけでなく、

各村、各家々にも小さな仏様を納めて歩かれた江戸時代

前期を生きた円空さん(誕生と入滅が岐阜県)。

 

大小関わらず、一木から一体を勢いよく

鉈で彫刻してしまう潔さ、判断力は天才的だと

今回改めて感じ入りました。

 

 

旅先で出会う様々な木の形を生かして彫る為、

自然の力をいただきながら、信仰の重要ポイントを

木に宿すという…、確信を見出したら彫り終わり!

故に二つとして同じ形はなく、一体一体が完全なる

オリジナル。すごいな〜。

 

今回、特別企画として、近世の宗教美術研究をされている

矢島新先生の講演も開催されており、受講させて頂いたが、

円空仏に至るまでの日本の宗教美術の変遷に対する研究視点が

とても面白く、受講出来て本当にラッキーでした。

 

”奈良時代の天平文化に感じるダイナミックな美や、

平安時代の国風文化に見られる均整のとれた美など、

分かりやすい美が普遍性をそなえ、今の日本的な美に

繋がっているという事実の一方で、

江戸時代の円空さんのように、日本の土着的な土地で培われた

「個性」「オリジナル」の強いものが、かえって

後々普遍的になる、ということも又事実である”

 

という感じの内容。

 

ブラボー!!

 

大好きな岡本太郎さんも、万博で「太陽の塔」を

「牛乳瓶のお化けだ」「国の予算で自分の好き勝手な作品を

作ってけしからん」などと…有識者によって批判された時に、

「何を言っているのだ。べらぼうに個性的なモノを作った方が

かえって普遍的になるのだ」という内容を答えられたが、

円空仏もまさにそうだと感じました。

 

「個性が際立つと普遍になる」

 

分かる〜!!!

 

岐阜県博物館での特別展「東海地方の円空仏」。

まだまだ開催されたばかりです。

ぜひお運びあれ〜*(^o^)/*✨ 

| 京子好み | 19:44 | - | - | pookmark |
只今「充電中」♡食生活を見直して一週間が経ちました!!
年始にご報告いたしました通り、「止まる」ことを始めました。
いわゆる「充電期間」に入りました。
その後多くの激励メッセージを頂きましたこと、心より御礼申し上げます。
ありがとうございます。

第一は「身体」を「健康」にしたい!というのが目的です。
これまでも有り難く健康体ではありましたが、
意識的に生活習慣を変えて行く必要があるな〜と。

早寝早起き、食事の見直し、散歩の習慣etc…

全てを犠牲にして「芸」に打ち込むのが「芸人」!
というのも格好良いですが、どうも私の身体には合わないようで。
私の勝手をお許し下さいね。
しばし温かく見守って頂けましたら幸せです。

さて、ある日の夕食です。自分で作りました〜^^



「きのこ類」「根菜」「小魚」「海藻」「季節の野菜」「豆」「雑穀米」
が良い!と食の先生に学んだので実践してみました。
「出し汁」は昆布とかつおで取り、旨味のあるものに。
さらに、三食通して野菜を多めに栄養を頂き、一食はお肉や魚も頂く
ようにメニューを考えています。

「さ・し・す・せ・そ」の「さ」…「砂糖」も抜くように先生に学びました。

し…塩
す…酢
せ…醤油
そ…みそ

砂糖を使わなくても、タマネギを入れたり、少しの塩や塩麹を利用することで
野菜や肉の甘みがぐっと引き出せて美味〜!!!

それに、私たちの舌は、「甘い」「辛い」だけでなく、胡麻や生姜、
レモンやすだち、ハーブなどを利用して少し「風味」を効かせるだけで、
大きな満足感を得ることが出来るのです。
人間の味覚ってすごいな〜。

パパッとした外食が続くと、味のきついものをご飯の当てに…
ということが続いてしまいますが、こうやって食生活を見直して行くことで
身体が喜ぶことを体験すると、なんだかちょっと豊になった気分になる。
晴れた日中はなるべく60分の散歩をして。

たった一週間なのに変化がありました!!

◎朝起きるのが嬉しくなった。
◎足が軽くなった。
◎心にゆとりが生まれた。

3月末に誕生日を迎え、40代を目前にして身体を整え始めた私。
さぁ、どんな「神田京子」と会えるでしょう。
皆さん楽しみにしていて下さいね^^

引き続き、応援よろしくお願いします。京子拝
| 京子好み | 11:22 | - | - | pookmark |
デコ屋敷でピカッ!!と思い出したこと。そうだった!私はこういうことが好きだったんだぁ!!@福島県郡山市(12月6日)
(12月6日 高柴デコ屋敷 橋本広司さん宅にて 写真:鈴木穣蔵)

うまいとか、まずいとか、そういう事ではなく
ただただ無心になって踊る!
こういうことだったぁ!

「自分で踊っているんじゃないんです。
 自然によって踊らされているんです。」

目の前で「自己流だよ」と照れながら自作の面を
被り踊り出した、デコ(張り子)職人の橋本広司さんに
いろんなことを感じさせて貰いました。

今だに言葉では説明出来ませんが、「岡本太郎」を思い出し
てハッとした!ということだけはお伝えいたします。

芸でお答えして行きたし。

>>2014年初席のスケジュール出ました。
  初笑いにいらして下さいませ♡
| 京子好み | 01:30 | - | - | pookmark |
「春秋会男組」!今年も人情味ある華やかな舞台に!!11日まで@三越劇場
 

日本の芸能を心から守りたい方におすすめです♡

昨日から11日まで三越劇場にて開催されている
「春秋会男組」。

日舞の師匠、若柳禄寿先生が全面プロデゥース、
構成、所作指導などされている心のこもった舞台が
始まりました。

去年に続き、池田政之先生のすんばらしい脚本に、
役者のそれぞれの個性を生かした禄寿先生の所作指導があいまって、
今年も笑いあり涙ありの素晴らしい出し物となっていました。
まだ日にちがあるので、少しでも多くの方に
体感していただきたいと、宣伝させていただきますね〜。

日本の大衆演劇や商業演劇の世界は、
景気の低迷により少し元気がなくなっています。
全国的に「老舗の大劇場も、大変苦しい経営を強いられて」
(パンフレットに寄せられた専門家の先生の言葉)いるなど、
ハード面でも困難な時代を迎えている様子。

かつて、暮らしに余裕の出来た人達が、
ご褒美のように友達と連れ立って見に行った老舗劇場の芝居。
夫婦で楽しもう、親を連れて楽しみに行こう、会社で、
団体で鑑賞に行こう・・・、という流れが少なくなって久しい昨今。
ちょっと寂しいですよね〜。

そこで立ち上がられたのが、我らが「若柳禄寿」先生!

若き日に(今も若いです^^)、
踊り一本で食べて行こうと決意をし、
テレビや映画でも長年活躍され、
全国の老舗劇場では、大物歌手や大物俳優さんたちのショーや
舞台の所作指導で日本全国の劇場を駆け回り、
去年はNHKの「薄桜記」でも所作指導で大活躍!
日本の芸能を陰となり日向となり支え続けていらした先生の
日本文化へのエールだこれは!!と思いました。

もうこれ以上働かなくてもいいでしょう、と
若輩者の私は思ってしまいますが、
そこが禄寿先生の良い所。

娯楽が手っ取り早く身近になって来ている今だからこそ、
本物の、こだわったエンターテイメントを発信していかなきゃと、
所作や時代設定、台詞や呼吸すらまでこだわった(私の感想)
舞台を作り上げていらっしゃいます。

俳優は先生を慕って集まった実力者ばかり。
今日拝見して、改めてその心意気にも感動していまいました。
皆さまにも是非見ていただきたいな〜。

三越劇場にて昨日から11日までやっています。
11時半〜か15時半〜です。
お時間ある方は是非お越し下さいね〜。

詳しくはコチラ
| 京子好み | 23:58 | - | - | pookmark |
改めて「義太夫」に大注目!!竹本駒之助先生すごい!この公演行きたいな〜^^
2月国立演芸場の女流義太夫演奏会の公演チラシ

今回の独演会では、女性の伝統芸能のパワーを楽しんで頂きたく、
特別にスッペシャルゲストをお願いしました。

義太夫も講談もまだまだ男性の世界。
男性にしかできないこともあるが、女性の身体を通すからこそ
にじみ出て来るものもある。
大胆さだったり、優しさだったり。柔らかさだったり、
慈愛だったり・・・。

120609_192630.jpg
竹本駒之助先生と鶴澤津賀寿先生と京子のスリーショット^^
@アサヒアートスクエア楽屋

太夫の竹本駒之助先生と鶴澤津賀寿さんのコンビは天下一で、
いつも感動してしまう私。
そのお二人が、私の会の為に助っ人にいらして下さったので
本当にうれしかった。
そして今回は演目の関係上、鶴澤三寿々先生もいらして下さいました。
ありがたいな〜。

あ、そうそう、
大阪の橋本市長の一件で大注目された文楽劇場や東京でも国立劇場での
文楽公演に、何故女の義太夫は出てこないの?とお思いの方〜、
はい、とにもかくにも男性社会の義太夫の世界。
人形芝居は、なんと女性の義太夫にはつかなくて、太夫も三味線も
男の人でなくてはいけないのですよ〜。

これは、「だから、今の時代は女も出せ」と言いたいのではなく
そういう流れで、違った方向性で芸能が発展していったことに私は
注目したい・・・。

なんと、女義太夫は、そういった背景から、素浄瑠璃として発展を遂げます。
つまり、語りと三味線、というシンプルな音だけの世界で
物語を想像して楽しんで行く芸能になったのです。
企画物で女性の義太夫でも人形芝居をつける場合もありますが
基本は語り中心の世界。

人形芝居という、目で見る情報が少ないため、
物語を想像しずらい方もいらっしゃるかもですが
この人!と聞き惚れる太夫や三味線が現れればもうこっちのもの。
その人の全身全霊をドーンと浴びることが出来るのです。
素敵だ〜!!
萌え〜〜!!と昔の書生さんたちはだから娘義太夫にはまったのですね〜。
身悶えしながら娘義太夫が「そりゃ聞こえませぬ、聞こえませぬわいな〜」
なんて台詞をはいたものなら
「どうするどうする!?」なんて声かけたりして、さながらAKB48
のライブ会場のような相当な盛り上がりになったんだそうです。
あ〜豊かな時代だ〜。

いつも駒之助先生は、芸を高座に、客席に、そして天に
捧げているように見えます。
一点の曇りもない、こういった集中力はなかなか出来るものではありません。
だからすごい!
そしてまだ、私が気付けてない部分(なんだかは、はっきり
分からないのですが)を沢山持っていらっしゃるな、ということを
感じます。

さあ、今回見逃した〜という方、
または今回見て感動した〜!という方は、
是非是非様々な会に足をお運び下さいね。
当日、私の気が回らず、チラシ配布が間に合わなかったので><
こちらのHPをご覧下さい〜♡

駒之助先生のお弟子さん、京之助さんも素晴らしいです!
義太夫界のアイドルだ。

本物の若手、
本物の中堅、
本物の大御所を

見続けたい。
| 京子好み | 10:19 | - | - | pookmark |
本日は雪。初釜で心を落ち付け、お目出度いおもてなしを心ゆくまで堪能させて頂きましたー( ´ ▽ ` )ノ
IMG_8498.jpg

雪の降る中お茶事、という経験は初めてでしたが、
雪によって街の音が消され、
かえって印象深い、い〜いひとときとなりました。

成人を迎えた振り袖さんたちは大変だったかもですが
何か発見もあったはず。
いい大人の第一歩を踏み出して下さいね。

| 京子好み | 23:13 | - | - | pookmark |
駒之助先生のCDお聞きしてますよー( ´ ▽ ` )ノ


聴けば聴くほど、
たまらぬたまらぬ、、、
たまらぬわいのぉぉおおお!!

みなさん、1/13の「神田京子独演会」( ´ ▽ ` )ノ
スペシャルゲストの生!義太夫も、お楽しみにぃ〜。
| 京子好み | 16:36 | - | - | pookmark |
| 1/28PAGES | >>