CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
6月15日「講談とClassic Music」大阪にて開催!!

 

 

昨年ご好評頂きました「講談×オーケストラ」@兵庫県西宮市

プレラホールに続いて第二弾!!

 

フルート奏者で今回の企画者でもあるカヴァちゃんこと、

川端裕美さんと素敵なメンバーとご一緒致します!

 

講談は、堺出身の歌人の女王「炎の歌人 与謝野晶子」他一席。

音楽は、古典の名曲と、なななななんと!!昭和歌謡の名曲を!!

 

是非是非お待ちしています!

| コラボレーション | 20:14 | - | - | pookmark |
京子の今日この頃〜かもめよかもめ〜

浅草の隅田川河畔にあるカフェにて。隠れ家です^^

 

久しぶりにゆっくりとカフェにて一人ぼーっとするひとときを持ちました!

外国人観光客が多く…平日でもゆっくりティータイムという訳にいかない

浅草ですが、隅田川沿いに、今も変わらずゆっくり出来るお店があります。

浅草演芸ホールと夕方のお台場でのオフィスビルで一席…の合間に、

ご褒美カフェタイム^^

 

こういう時間は必須です。無になれる時間はありがたい。

 

しかし、無になれたのは束の間、、、。

 

この後、水上バスで吾妻橋〜お台場海浜公園まで移動をしたのですが、

(仕事の移動で水上バスを利用したのは初めて!!)

ゆりかもめ(都鳥とも)が観光客に突進してくる獰猛さに驚き!!

 

…人間の貪欲による街の変貌は、鳥の心までも変えてしまうのか!?

 

都鳥さえも忘るる江戸の粋 京子

 

浅草もこの10年で凄く変わりました。

観光用の人力車、着物で町歩きの貸衣装屋さん、食べ歩き出来る

B級グルメ…。え?こんな浅草名物あったっけ?というのが

どんどん増えていますが、需要があるのだから致し方なしですね…。

 

海外のお客様が増えてくると、だんだん分かり易いモノ・コトの提供

が増えて来ます。しかもカジュアルに「日本らしい」ものの体験なども

同時に流行るので、それまでその土地に流れていた空気とは全く変わ

ってしまい、なんとも言えない…薄っぺらな経済に流された街の景観に

変わってしまいます。

 

日本ってこんな感じだよね〜?というイメージ満載のテーマパークは、

胸焼けがする。。。海外のお客さまも、そろそろもっと本質に触れたいの

ではないでしょうか?

 

 

大切なコトを一歩一歩。

 

 

迎合せず、美徳を胸に、生きて行きたい。

守って行きたい。

 

 

明治150年の今年。

 

 

明治時代に突入した時も、価値観の違う文化が勢い良くどんどん入って来て、

江戸っ子は「こんなんじゃなかった」「変な世の中になっちゃったな〜」

なんて、ため息をつきながら、柳に風、あとはなんとかなら〜、と

やりすごす毎日…という雰囲気もあったでしょう。。。

 

東京湾に出ました。レインボーブリッジ。

 

お台場が見えて来ました。

 

 

とはいえ、いろいろなうねりがあって初めて必要とされる講釈師!

 

怒濤の1〜3月までを経て、今月来月は足固めの月に致したく!!

懐かしのネタも引っ張り出して、得意ネタにするぞ〜〜〜〜〜!!!

 

品川駅にて。子連れで移動。岐阜の実家に子供を預けて

名古屋で3カ所仕事をして参りました!御陰さまで息子も

一歳半!ありがたや〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

 

今日も元気だ京子が行く〜。また寄席、講釈場で会いましょう!

 

| 講談関係 | 20:10 | - | - | pookmark |
Kyoko oh! Dango Club会報紙8号が発行されました!

桜満開!に合わせて、桜色です!

2017年度会員様の御手元に近々届きます。

ゲスト寄稿はナレーターの近藤サトさん。

素敵なお言葉頂戴しています。

 

お楽しみに〜。

 

いつも応援ありがとうございます!! 

2018年度もよかったらご更新下さいね。

新規会員様も大募集〜。

 

神田京子拝

 

 

会報誌が欲しい!という方は、

kyoko oh! Dango Clubにご入会下さい。


[お申し込み・お問い合わせ]

 

TEL 03-3413-8420 FAX 03-3413-8331
E-Mail Kyoko-ohdangoclub@liberty-feel.co.jp

 

〒155-0031東京都世田谷区北沢2-11-3イサミヤビル3F

  リバティエンターテインメント内 

  神田京子後援会 Kyoko oh! Dango club事務局

 

[会費振込先口座]

加入者名:Kyoko oh! Dango club
郵便局払込口座:00130-8-264139
ゆうちょ銀行:〇一九店 当座 0264139

 

<入会金:1000円 / 年会費:3000円>

※ 電話、FAX、メールにてお申し込みの後、
上記口座まで入会金・年会費をお納めください。

 


[会員特典]


1.会員証発行、
  Kyoko oh! Dango club オリジナルグッズ進呈!

2.京子ちゃんの近況や、
  ココだけの話満載!の会報誌を発行。(年2回)

3.500円優待券プレゼント

 

 

| お知らせ | 10:45 | - | - | pookmark |
3月25日「闇を照らした白い花」刊行記念にて新作講談をさせていただきました!

ヘレンケラー女史も訪れ講演をされた、「塙保己一史料館2階講堂」にて。

出演者、関係者、主催者のみなさまと終演後に記念撮影!!

 

昨日、素晴らしい絵本刊行記念の集いにて新作講談のご依頼を頂き

一席披露させていただきました。

「盲目のジャンヌダルク〜斎藤百合物語〜」神田京子作です。

 

初演の緊張もありましたが、何より、あの!!ヘレンケラー女史も講演

されたという会場ゆえに(しかも和室の講堂!!)大興奮!

満席のお客様の熱気と温かさに助けていただきながら、

まるで自分が斎藤百合さんになった気持ちで

どんどんとタンカを切らせていただきました!!

帰りがけに「楽しかった!!」「斎藤百合を身近に感じた!」

「涙が出た!」「多いに笑った!」などいろいろなご感想を頂き

嬉しかったです〜〜〜〜〜。

 

そう!!斎藤百合という方は、人生においてタンカを切りまくる、

空気を破るタイプの盲女子なのです!!

 

「盲人教育の義務化」の法制化に向けての活動や、

「盲人の社会的、知的レベルを上げる」為の活動をされ、

日本で初めて女性で大学に入学された方でもあるのですが、

これまではあまり脚光を浴びていませんでした。

 

しかし、ここに来て、「この人の生き様はすごい!」「もっと

知ってもらうべきだ!」というような熱が上がっているようです。

 

是非多くの方に知って頂きたいと思います。

 

斎藤百合さんは豊橋出身なので愛知県ゆかりの偉人ということになります。

名古屋の丸ゼミでも4月6日にイベントがあり、私も「盲目のジャンヌ〜」

をかけさせて頂きますので、是非お運び下さいね。

 

コーヒーで絵を描く絵師の小島伸吾さんの

絵がとても印象的な素晴らしい絵本。

 

 

以下詳細

>>

闇を照らした白い花 斎藤百合の生涯とヘレンケラー』刊行記念

とき: 4月6日(金)19:00〜

場所: 丸善 名古屋本店 1F特設会場にて

出演:小島伸吾(絵師)・神田京子(講談師)


要・予約 店頭 or 電話にて事前の予約を受け付けております。

※絵本を原作とした京子書き下ろし「盲目のジャンヌダルク」

 一席申し上げます。

 

※あと少しで椅子席は満席のようですが、立ち見はまだまだ

 可能なようです。本屋さんなので本に囲まれて一席!!

 

 

 

 

 

 

3/25「闇を照らした白い花 斎藤百合の生涯とヘレンケラー」刊行記念

塙保己一史料館2階講堂(渋谷区)にて開催された内容は下記の通りです。

(主催:社会福祉法人桜雲会)

 

プログラム≫

 

基調講演

〇斎藤百合の生涯とヘレン・ケラー    渡辺勇喜三(元教諭)
〇永久に散らない祈りの花        鈴木 泉 (朗唱家)

〜休憩〜

講  談

〇盲目のジャンヌダルク 斎藤百合物語  神田京子 (講談師)

 

| 講談関係 | 09:30 | - | - | pookmark |
3/19「旅する三味線 艶くらべ」ご来場ありがとうございました!

目黒雅叙園 「舞扇」にて300名様のお客様が邦楽ショーを

楽しまれました。

 

この企画は、長唄三味線の奏者でいらっしゃる稀音家千鶴先生

の発案により「三味線文化を多くの方に知って頂きたい」と

都内のホテルや個性的な会場にて毎年行われ、今回で八回目という

プロジェクトです。

 

「邦楽」というと…なんだか難しい〜と思われそうですが、

見せ方を工夫するとこんなにも分かり易く、楽しく、しかも

嬉しい!!のだ!ということを実感させてくれるスバラシイ内容

でした。

 

今回は、三味線文化が中国から渡来して、琉球にて沖縄三味線(三線)

となり、それが大坂・界の港に渡り、上方文化と出会う所から

始まります。上方で花開いた三味線文化は、その後、北前船に乗り、

瀬戸内を日本海へ抜けて、沿岸沿いに東北・北海道へ渡ります。

そしていよいよお江戸入り…。

 

という流れで、それぞれの土地で発展し、その土地ゆかりの曲目

が演奏され、そして舞が舞われました。

 

(楽屋でのオフショット!素敵なゲストメンバーと楽屋にて。

左から「越後獅子」を踊られた若月仙之助さんと後見の弟さん、

三線演奏家の日高桃子さん、京子、琉球舞踊家の中村知子さん、

津軽三味線の山中信人さん、尺八演奏家の川村葵山さん)

 

 

私はその進行を勤めるナビゲーター役!

舞台下手に高座を設けて頂き、大変貴重な、やりがいのある

お役を勤めさせて頂きました。

 

「3分で分かる勧進帳」も講談でお届けしましたよ〜。

 

(撮影・山中信人さん、京子リハーサル風景)

 

 

3/19 ディナーショー

「旅する三味線 艶くらべ」@目黒雅叙園2階 舞扇

 

第一弾 長唄…「阿国歌舞伎」

 

    講談…「出雲の阿国のお話」「三味線の伝来のお話」

       「琉球〜大坂・界〜上方文化へ」

  

    琉球古典うた三線と踊り…「女特牛節」「安里屋ゆんた」

               「鳩間節」

 

    尺八…虚無僧演奏 古典・新作二曲

        

 

第二弾 講談…「北前船に乗り越後から津軽へ」

 

    長唄と踊り…「越後獅子」

 

    津軽三味線と尺八…即興演奏

 

    津軽三味線演奏…即興演奏と「津軽じょんがら節」

 

 

第三弾 講談…「いざお江戸入り」「総合芸術 歌舞伎について」

       「吉原の存在」

 

    長唄…「吉原雀」

    長唄と踊り…「岸の柳」

 

第四弾 講談…「和事・世話物・荒事〜曲の背景」

       「三分で分かる勧進帳」「締めの言葉」

 

    長唄「勧進帳」

 

フィナーレ

 

 

「豪華客船で本当に旅した気分になった!!」

など、熱量の高いご感想を沢山頂けて、とっても嬉しかった!

 

総合プロデュースの稀音家千鶴先生もダブルピース!!

 

 

一つ一つ、ベストを尽くして準備をし、本番に臨めば、大きな感動という

ビッグプレゼントにありつける!

子育てしながらの私には、そんな個人的な収穫もあったスバラシイ経験でした。

 

素敵な邦楽ショー!また機会がありましたら是非皆様いらして下さいね。

 

お声がけ頂きました稀音家千鶴先生、長唄社中のみなさま

(海津紫乃さん、真鍋希帆さん、杵屋巳織さん、

佐藤さくら子さん、福原百恭さん、島村聖香さん、

梅屋貴音さん、福原千鶴さん、望月実加子さん)、

島ちゃんさん始めスタッフのみなさま、ゲストの皆様、

ありがとうございました!

 

さあ〜、今日は春お彼岸です。

心穏やかに一日を過ごせますように。

| コラボレーション | 09:25 | - | - | pookmark |
3月18日「神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜」ご来場ありがとうございました!

「神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜」定員完売!

沢山の方にお運びいただき、ありがとうございました!感謝!!

 

俗曲の檜山うめ吉お姉さんとの初コラボ!!

大変評判が良く、思いが形になり、しかもお客様にいろいろいろいろ

届いたようで感涙!!ご来場ありがとうございました!

 

(撮影:小沢吉一)「番町皿屋敷」講談で噺を進行する京子と

三味線とビジュアルで盛上げて下さいました檜山うめ吉師匠。

 

怪談Dome、去年に続いて第二弾!という訳で、

初回気付いたことを生かし、ドームホールの空間で次は何をしようか…?

とあれこれ思案を巡らせていた時に、

年齢的にぴたっとくるのか!?去年の5月の日本橋亭での

独演会でネタ下ろしした「番町皿屋敷」がとても魅力的な作品に思えて来て、

これまであちこちで高座にかけさせて頂きました。

よっし!これを膨らまそう…と考えました。

 

そこで、共演者をどうしようか?

 

「お菊」…と言えば…、「あ、うめ吉姐さんだ!」

 

と閃いた私^^。出演依頼をいたしましたら「面白そう!」と快諾頂けたので

早速趣旨をお伝えしたのであります。

 

「おね姐さんのビジュアルと、はんなりとしたただずまいと、

三味線の音色がぴったりなんです!!」

 

こうして檜山うめ吉姐さんに助けて頂くことになりました。

 

台本と音源を送らせて頂き、お稽古に付き合って頂き…

「お姉さん、ここはお菊の心情で」

「ここは雪が激しく降っている感じで」

「ここは浪曲風に」

「ここは鐘が鳴っているような感じ」

「ここはせつなく訴えて」

「ここは倒れて」

「ここは起き上がって」

…などお伝えしました。

 

そうです。日舞をされて所作が綺麗なお姐さんには、お菊の動きまで

お願いしてしまいました^^

 

お姉さんも、「じゃあこう?」「こんな感じ?」など、

いろいろと目の前で提示して下さり、「そうそう!!」

なんて言いながらとても楽しいリハをさせて頂いたのでした。

 

それが本番でバチっと合い、お客様に届き、いや〜感動!!

うめ吉姐さん、本当にありがとうございました!

 

 

お稽古をする中で、最近響くのは、弱者の立場に立ったセリフへの

寄り添い方です。

 

お菊は弱者の代表!

 

男性講釈師ならば、お菊を怖〜くおどろおどろしく表現することに重きを

おくことでしょう。そこが男性講釈師の魅力かと私は思いますが、

私は女性です。

 

女性ならではの悔しい思い、切ない思い…を表現したい。

怪談でありながら、一つの噺としてお届けしたい…

という思いが日に日に強くなっている今日この頃。

 

昔からの講談は、分かり易く物語にする時に、弱者を女性にするのが

描きやすかったと思いますが、今は性別を問わず、弱者はあちこちにいます。

やり場のない思いを持っている人だらけの世の中…。

 

私は政治的な発言をするのは好きではないですが、今感じるいろいろな事を

講談に落とし込むことは好きです。

 

今回の「お菊」には、東日本大震災の被災地、熊本地震の被災地など、

仮設住宅集会所での公演で出会った、町民、村民の皆さんとの

交流の中で得た、忘れられない「思い」「言葉」「目」…が

生かされていると思います。

 

それは自然災害を、政府を、自分の運命を、恨む…ということではなく、

やり場のない悲しみから来る無常観のようなものかも知れません。

 

(大雪から一転!曇が晴れ、星々が瞬いている…という演出にして

みました)

 

(いよいよお菊が幽霊になり…)

 

(読み終わりで、笑顔の挨拶♡)

 

「神田京子の怪談」新しいね!!

と多くの方にお声をかけていただき、嬉しく思っています。

これからもどんどん高座にかけて参りたく。よろしくお願いします!

 

最後に、照明の演出、星空の演出、いろいろ要望を聞いて

下さいましたスタッフの皆さま、会を主催して下さいました

北とぴあの皆様、心から感謝申し上げます!!

 

 

 

 

3/18 昼公演「神田京子の怪談Dome」@北とぴあドームホール

 

〜 第一部 桜尽くし寄席 〜

一、落語「狸札」    三遊亭金の助

一、講談「秋色桜」   神田京子

一、俗曲・踊り「夜桜」 檜山うめ吉

 

 〜中入り〜

 

〜 第二部  怪談 〜

一、コラボ講談「番町皿屋敷」 神田京子・檜山うめ吉

一、フィナーレ 出演者全員でご挨拶

 

(120分)

 

 

 

| 講談関係 | 07:50 | - | - | pookmark |
3月25日 渋谷の 塙保己一史料館2階講堂 にて講談「盲目のジャンヌダル…斎藤百合物語」を致します。

出版記念講演会 

「闇を照らした白い花 斎藤百合の生涯とヘレン・ケラー」

今から120年前、厳しい差別と偏見の目にむけられながらも、

視覚障害者のある女性が教育・社会的地位の向上に尽力した人がいました。

その名は、斎藤百合。彼女を描いた絵本が4月に完成するのを記念して

講演会を開催します。

  • 日時≫
  • 平成30年3月25日(日)
    13時30分〜15時30分  13時開場
  • 場所≫
  • 塙保己一史料館2階講堂 渋谷区東2−9−1 (電話03-3400-3226)
  • 主催≫社会福祉法人 桜雲会(電話 03-5337-7866)
  • 参加費≫
  • 1500円

プログラム≫

基調講演

〇斎藤百合の生涯とヘレン・ケラー    渡辺勇喜三(元教諭)
〇永久に散らない祈りの花        鈴木 泉 (朗唱家)

 

講  談

〇盲目のジャンヌダルク 斎藤百合物語  神田京子 (講談師)

 

 

 

京子の書き下ろし!

 

明治生まれ!斎藤百合という女性は、勝気で、聡明で、おてんばな少女!

盲女子が学問に従事することが、まだまだ当たり前ではない時代に、

学問を納めて行く事を決意!学びが深まれば深まるほど、世の中に対する

疑問や不満が出て来ます!

 

「こんなんじゃダメじゃない!!」

 

と果敢に戦い、盲女子の地位向上につなげた女性!

講談で申し上げます!

 

一般の方も入れるということでしたので、お知らせ致しますね!

 

お待ちしています。

| 講談関係 | 06:36 | - | - | pookmark |
神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜

 

神田京子の怪談Dome〜番町皿屋敷〜

 

うめ吉お姐さんとのリハーサルも終わり、

息ぴったりの演出でお届け致します!

まだまだご予約お待ちしています〜♡

 

↓ 詳しくは北とぴあHP

 

《出演》

神田京子(講談)

桧山うめ吉(俗曲)

 

《演目》

怪談「番町皿屋敷」ほか

公演日時
2018年3月18日(日)
開場・開演時間

開場:13:00

開演:13:30

終演:15:30(予定)

会場
ドームホール  

定員:80名

全席自由
入場料
一般料金

   一般:2,000円

高校生以下:1,000円

 

 

※未就学児は入場不可

※高校生以下の方は当日年齢のわかるものをお持ちください。

※当日は先着順にご入場いただきます。

※一部見えにくいお席がございます。ご了承ください。

チケット取扱い
  • 北区内チケット取扱い

    北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ10:00〜20:00)

問い合わせ先
北とぴあ管理事務所 TEL:03-5390-1101
主催

北とぴあマネジメント共同事業体

北とぴあ1階チケット売場について

1月15日、3月12日(月・臨時休館日)は

窓口10:00〜18:00となります

| コラボレーション | 18:36 | - | - | pookmark |
「オトナ霞が関塾」にお招き頂きました!

 

《オトナ霞が関塾》「ワクワク講談塾」


とき:3月7日(水)18:30〜19:30

場所:文部科学省情報ひろば「ラウンジ」
出演:神田京子

 

詳しくは>>コチラ

| 講談関係 | 18:26 | - | - | pookmark |
4月6日「盲目のジャンヌダルク〜斎藤百合物語〜」を 一席申し上げます@名古屋・丸善

 

闇を照らした白い花 斎藤百合の生涯とヘレンケラー』刊行記念

 

とき: 4月6日(金)19:00〜

場所: 丸善 名古屋本店 1F特設会場にて

出演:小島伸吾(絵師)・神田京子(講談師)


要・予約 店頭 or 電話にて事前の予約を受け付けております。

※絵本を原作とした京子書き下ろし「盲目のジャンヌダルク」

 一席申し上げます。

| 講談関係 | 18:21 | - | - | pookmark |
| 1/251PAGES | >>