CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
新鮮な毎日に感謝の10月。秋もよろしくお願いします!

10月も早半ばとなりました!!息子もお陰さまで4歳になり、

初めての幼稚園運動会も体験させていただき、感謝感謝の日々です。

 

 

 

移住して八ヶ月。テレビ山口 tysの新番組「mix」にもお声をかけて頂き、

今月は毎週金曜日16:50〜19:00にゲスト出演させていただいております。

TBS系の山口のテレビ局です。地元密着の楽しい番組づくりをされています。

 

 

山口の懐かし映像を振り返る(東京なら東京タワーの出来る頃の貴重映像)

「リメンバー山口」というコーナーもあり、私には新鮮な情報ばかりで

歴史も分かり、ワクワク✨

 

きっと着物好きの方も沢山見ていらっしゃるだろうなぁと、自前の着物で

限りはありますが^^楽しみながらコーディネートしています。

 

↑10月9日「ススキ+曼珠沙華」のイメージ。

10月16日「梨+柿」のイメージ。↑

 

いかがでしょう?秋色を楽しんでいます。

 

テレビの内容は、講談師として大変有意義な素材が並びます。

なんと言っても今を生きている人々に届くテーマを物語に落とし込むのが

私の思う講談。

 

楽しい話題の他にシビアな問題も取り上げられていることに好感が持てて

います。

 

温暖化問題、食料事情問題、商店街の今昔から分かる人口増減問題…。

地域社会から掘り下げる社会問題が新鮮!!

これらは、日本全国どの地方でもあり得る諸問題だからです。

 

個人的には高度経済成長時代以降の経済の回し方が全て正解ではないと思っ

ています。もちろんその前だって試行錯誤の連続が歴史。

当時のベストは踏みつつ、ベターで終わることも多かったかと。

だから物語は誕生する。。。

 

繁栄と衰退はつきもの。

 

先人の努力と繁栄の基礎作りには感謝ですが、このままでは地球が持たない

のも分かっています。

 

さぁ次の時代をみんなで作りましょう!という気持ちになりました。

持続可能な世の中を作っていきたい。

 

都会で揉まれることは大切!

でも、その後の選択肢は自由でいい。

 

きっとどこの地域も、UターンIターン大歓迎ですよ〜。

私たちだって見知らぬ土地で気づいたら八ヶ月生きています。

助けられています。

 

あなたの技術を、笑顔を、生きている空気を、

地域で生かしませんか?

 

山口の皆さま、来週も「mix」見てね〜。私は金曜日に出演い

たします。昨日の番組終了後の記念撮影^^ 秋色レトロ加工💕

 

前列は体で「M」「I」「X」作ってみました。

(前列左からゲスト山口県立大学斉藤理先生、京子、木村智美アナ)。

後列メイン司会お二人は「mix」のM字(原千晶アナ、永岡克也アナ)。

 

 

 

 

 

 

… 今後の寄席・講釈場 出演情報 …

 

11月池袋演芸場上席昼の部(6日〜10日。7日は休演)

  @東京・池袋演芸場

 

・11月16日・17日『通常非公開!三渓園「鶴翔閣(かくしょうかく)」

 で楽しむ、講談師 神田京子独演会 〜赤穂義士伝ともう一席〜』

  @横浜・三渓園

 

・11月18日「講談広小路亭

  @東京・お江戸上野広小路亭

 

・11月24日「どうもん学舎 講談教室

  @山口・カルチャーどうもん

 

・11月28日「日本講談協会定席

  @東京・お江戸上野広小路亭

| テレビ出演 | 12:43 | - | - | pookmark |
少しづつ、少しづつ。準備を怠りなく。

秋らしい日々が続いております。

どうか健やかに、御過ごし下さいね。

 

(山口の「山陰堂」さんの栗蒸し羊羹。美味しい〜!!)

 

少しづつ仕事も戻って来ました。慌てず騒がず、ゆったりと・・・

このままペース配分を取りつつ、お仕事して参ります。

 

皆様も、お身体御大切に、無理なくお会いしましょう〜。京子より

 

.

 

9月25日(金)KRY山口放送「お昼はZENKAIラヂオな時間

15:00台にゲスト出演致します。20分ほどインタビュー。

 Podcastで聴けるということですので、皆さまぜひ。

 

 

 

.

 

9月26日(土)「書店で学ぶ SDGs 」に登壇致します。

 

26-C:講談「鉢の木」から学ぶ持続可能な生活環境を整える

   5つの心得

 

日本の伝統芸能「講談」には「質の高い教育」につながる

メッセージを学べる演目が多々あります。今回は「鉢の木」

から持続可能な生活環境を整える5つの心得を学びつつ、

どんなに優秀な能力や便利な機器を持っていても使い方を

間違うと、環境破壊につながります。限りある資源を大切に

使い、全てに命があると思い「もったいない」精神を再認識

するきっかけにつながればと思います。

 

.  

 

10月3日(土)「神田陽子一門会」昼夜公演

 

 

 深川江戸資料館小ホールにて。昼の部は赤穂義士伝特集。

 夜の部は、山口に引っ越し、偶然にも始まったコロナ禍による自粛

 生活を通してじっくり制作致しました「金子みすゞ〜明るい方へ〜」

 をネタ下ろし致します。

 

.

 

10月11日(日)13時30分〜

「島原市・幸田町姉妹都市提携3周年記念事業」にて講演と

 講談を相勤めます。

 

.

 

11月24日 19時00分〜20時30分

どうもん学舎 神田京子の講談のい・ろ・は

 

 

 

 

・・・その他、スケジュールはこちら

| 講談関係 | 19:08 | - | - | pookmark |
秋のつぶやき・・・

秋です。メモっておいた日記をば・・・。

 

 

*八月終わり〜九月初めにかけての山口ライフ

 

(少し足を伸ばして仁保川)

(亀山公園山頂広場)

(ベランダからの風景)

(この日は、この後どんどん紫に染まって行く…)

 

日中は残暑厳しくも、朝晩は肌寒いくらいの山口市。

 

九月頭は九州を中心に大型の台風十号が来て、山口を含めた

中国地方も広範囲の停電がありました。停電の被害、台風の

被害にあわれた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

我が家はお陰様で無事でしたが、ご心配くださいました皆さま、

本当に本当にありがとうございました。

 

 

さて、今年は家で過ごす日が多くなり、せっかく得られた時間

なので作品作りに打ち込んでおります。

 

最近あまりにも夕日が美しいので、思わずベランダに出て見たり、

空がオレンジ色に染まり始めると、自転車に息子を乗せてドライブ

しながら、空を仰いで声を出したり…環境に癒されております。

 

そして、最近改めて感じるのが…

 

ちょっとくらい満足いかない方が、わたしの幸せだという事。

何かを犠牲にして、今の暮らしがあるのだから、全部手に入れたら

バチが当たると…、はっきりそう思うのです。

 

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」は、いつも側にある、、、

もっともっと…は苦しい。ほどほどが良い。

 

 

そういえば、亡くなった内海桂子師匠が、

 

「京子ちゃん、温泉地はね、プライベートで行くもんじゃないわよ。

仕事で行くものなんだよ」

 

と、何故か袖で出番を待つ私に、語りかけてくださったことがあったの

だが…、つまり、芸で食べていく私たちは、高級な観光施設に自費で

行くなんてもったいない…、私たちはいくらお金をかけた暮らしをして

も、良い高座が踏めなければ不幸せ…、仕事で呼ばれて、良い高座を踏

ませていただいて初めて、高級なお料理も、素晴らしいお湯も、美味し

く有り難く頂け、喜びにつながると…。そんなことを教えてくださったの

だなぁと、その意味が、最近だんだん分かって来ました。

 

講談においては、悶々とした話の前半が仕込みとなり、後半の切れ場

でスカッとさせるのが気持ち良いのですが、なるほど、普段から生活

が講談じゃなければならない身体になっているのだなと思います。

 

 

(8月31日の師匠誕生日の少し前お墓参りに行けました)

 

師匠の二代目神田山陽は、晩年の病室を、個室ではなく四人の相部屋

を選ばれました。「芸人はベンツや高級タクシーじゃなく、バスや電

車で通わないと」という考えの延長だったのだと思います。。。

 

「何か望むものはありますか?」と、七夕に際し、病院の廊下に患者

さんの願いを記入した短冊を飾ることになり、質問したところ、

 

「早く家に帰れますように」とか「病気が早く治りますように」

という望みが多い中で、師匠は…

 

「望むものは何もありません。ただ、少しの食事ができれば」

 

とおっしゃいました。

 

お隣のベッドから聞こえてくる愚痴も柳に風と流して、

日々平常心で過ごされた姿が思い出されます。

 

師匠の再晩年の姿は、もう本当に美しかった。

 

 

 

 

 

 

もっと良い環境に、もっと健康に…と、自然を壊しつづけてきた

私たち。ほどほどの欲を満たして生きていけたら…

 

 

ささやかな気づきの日々を、これからも大切にしたいと思います。

| 講談関係 | 14:05 | - | - | pookmark |
金子みすゞさんを訪ねて。。。

「金子みすゞの生涯」(著:矢崎節夫)を改めて読みました。

そして…先月の取材旅を振り返る。

 

(青海島の高台、王子山公園から臨む仙崎の町)2020.8.19

 

やはり、仙崎から…青海島 通(かよい)の風情や体感を通じて入った

死生観が、みすゞさんの独特な詩の根底にあると実感。

優しいとか美しいとか…そういうのを通り越して、透明な感じ。

 

 

 

 

 

捕鯨で潤った浦で、漁師達が喜びの影に、深い悲しみや懺悔の念に

苦しめられている姿を、幼い頃から見続けたみすゞさん。発展の裏

には犠牲があり…と黙って受け留めて…言葉にならず、もんもんと

していたと思う。やがて童謡に出会って救われて、童謡詩としてい

ろいろなモチーフでその自然界の喜びや悲しみを歌い、やがて真に

迫って行く。

 

 

「鯨一頭捕れば七浦賑わう」という時代。

 

 

しかし、仕留めるたびに海が赤く染るのは、漁師の心を痛めた…。

嬉しいが悲しい…。特に母鯨の胎内に赤子が入ったまま仕留めてし

まったときの辛さは計り知れなかったと…。(こういう感覚があちこ

ちにあったはず…しかし、次第に私たちは分別のない経済発展に取り

憑かれ今に至る…。)

 

 

 

 

「鯨としていのちは母鯨と共に終わってしまった小鯨よ。

できることなら海に帰してやりたい。しかし、海に放っても小鯨

一人ではとうてい生きてはいけないであろう。ならばどうか人天

界に宿って、仏の功徳を受けて欲しい」

 

 

亡くなった小鯨には戒名を付けて、毎年、今でも鯨法会を行なっ

ているというのが、みすゞさんがよく遊びに行っていた大好きな

おばさんが住んでいた地区。

その、通浦に行き、向岸寺と鯨墓にお参り、鯨資料館に行きました。

 

 

(青海島観光汽船に乗りました。みすゞさんの詩にも出てくる

「花津浦」。なんと合掌姿の観音様が!!)

 

 

 

さぁ、あとはまとめるぞ〜。

みすゞさんのお墓@仙崎・遍照寺

 

 

 

 

 

おまけ・・・

 

 

 

Kさん撮影。車の免許がない我が家には、大変心強い

山口ライフの助っ人の一人!!

仙崎の虎屋製菓さんのかき氷!!美味しい〜!!

「あげな〜い」(笑)

| 講談関係 | 12:41 | - | - | pookmark |
8月29日までのようです。

伯山さん主催のオンライン講談会にお声をかけていただき収録したもの

が、ただいま絶賛配信中です。

 

もちろん無観客の会場での収録。カメラ一台に向かって…というのは

慣れないものですが、出演者全員が高座に集中できている素晴らしい会

でした。たっぷりとした講談会を配信で見られるのは大変貴重です。

 

私は入門時のエピソードから「鉢の木」を掛けております。

多分ここ最近で一番の出来だと思います。

ぜひこの機会にご覧くださいね。

 

 

 

あの背中が曲がった、どっちに転ぶか分からない子が、

立派な真打になったなぁ。伯山襲名、改めておめでとう!

 

 

 

 

 

【8/22(土)19時よりプレミア公開】 
第6回オンライン釈場(投げ銭あり) 
 〜神田伯山ティービィー〜 


 


8月22日(土)19時スタート 
第6回オンライン釈場 
出演:宝井琴調、神田京子、神田蘭、神田伯山 


※アーカイブ公開は8月29日(土)正午までとなります。 
※投げ銭(スーパーチャット)による売上は、出演料、

会場費等経費を差し引いた全額が、伯山も所属する

日本講談協会の運営資金となります。 


<神田伯山より> 
オンライン釈場、第6回をお届けします。 
今回の顔ぶれは私がいちばんの後輩となります。

まず最初に愛山先生に教わった読み物を。続いて蘭姉さん、

京子姉さんが、それぞれ講談の面白さや奥行きをわかり

やすく届けてくださると思います。トリでは、協会の垣根

を越えまして、ありがたいことに講談協会から宝井琴調

先生が出てくださいます。 
会場は前回と同じく、紀尾井小ホール。今回もごく少数の

運営スタッフ以外、無観客での開催となります。

やはりもろもろ経費などかかかっております。

投げ銭(スーパーチャット)がございますので、

なにとぞよろしければ。 

 


<番組表> 
※表記時間は19時スタート時に視聴開始した際の目安です。 
19時02分〜 オープニングトーク 
19時06分〜 神田伯山 
19時34分〜 神田蘭 
20時03分〜 神田京子 
20時32分〜 宝井琴調 
21時04分〜 エンディングトーク 

◇神田伯山 オフィシャルサイト 
https://www.kandahakuzan.jp/ 

◇神田伯山 Twitter 
https://twitter.com/kanda_bou 

撮影・編集:岩淵弘樹 
監修:九龍ジョー 
制作:冬夏株式会社 
VIDEO by Digital Media Label 

| 講談関係 | 19:21 | - | - | pookmark |
正直怖かったですが、大反省!!

 

久しぶりの浅草演芸ホール。

何ヶ月ぶりか・・・?浅草の照明が、新鮮でとても気持ち良かった。

 

お客様は少ない。

なんなら私が出ている夜の部は、我々出方の人数より少ない…。

けど、とても良い雰囲気で、すごく前向きになれました。

 

普段地方暮らしをしていると、ニュースやワイドショーに映る東京しか

見ていないので、二ヶ月ぶりの東京は正直怖かった。コロナウィルスの

見えない霧に包まれているのでは??そこに飛び込むのは命知らずだ…

くらいに思えて来るインパクトがありました。

 

でも、地方の皆さま…警戒は必要ですが、

どうか差別はしないでくださいね。

 

私は大反省しました。

 

なんとかやって行こうと、心構えをしっかり持って、念には念をと、

出来うる限りの心を尽くして日々暮らしている方ばかりなのです。

一部の心ない行動に目が行きやすいのですが、どうかどうか、

テレビでは映せていない人々にもぜひ心をお寄せください。

 

二ヶ月ぶりの東京。「優しい笑顔」が増えていると感じました。

 

なぜ、優しい笑顔が増えているのか?

それは、日々耐えているからでしょう。

 

何かのせいにしたり、文句を言って悪相を放っているうちは、

逃げ道に頼っている証拠ですが、本当に辛い時、もう道がない

と思えば、決意をし、笑顔で乗り切ろうとするものです。

 

なんとか乗り越えようとする時、準備をし、気持ちを整える

作業を日々重ねて行くことで、お互いに馴れ合いがなくなる…。

すると「ありがとう」「お陰さま」の気持ちが自然に宿って

来るのだと思います。

 

電車に乗っても、お茶をしても、車掌さん、店員さんの対応が優しい。

「間違いを起こさないように」と一つ一つ気をつけているのが分かります。

 

寄席でもそれは同じ。

 

木戸番のお兄さんの笑顔の挨拶には、「この中をよくぞお越し

下さいました」という思いやりが滲みでています。入り口で検温

を受け、無事を確認して楽屋へ行くと、マスク姿の前座さんが

「先生おカバンを」と、心からの思いやりで手を貸してくれる。

 

…この子たちはきっと、脇の仕事(先輩達の地方興行などのお手伝い)

がなくなり、寄席での修行も減り(楽屋が密にならないよう人数を

制限している)、不安だらけなんだろうな…今自分が出来ることを、

マスク・手指洗い・アルコール消毒などの対策を徹底しながら、

一所懸命に勤めてくれているのだな、と胸が熱くなりました。

 

出演者同士も、目で会釈したり、ジェスチャーで「元気?」

「またね〜」と挨拶したり、「通りますよ」と手刀切ってピョコピョコ

お辞儀をしながら舞台裏廊下を通ったり…

ペチャクチャ話ができない分、江戸仕草の究極形を実行しながら(笑)、

なんだか泣けてきました。

 

前座の神田松麻呂くんに「あんた大丈夫?元気だった?」と声を

かけると「はい、元気です!!前座の僕たちから何かあっちゃいけ

ませんから!絶対に無事でいなくては洒落になりませんから!」と

マスク越しにキラキラした目を覗かせました。

ハァ〜この子も苦労しているな〜と。

 

でも、芸人にとってこの苦労は宝です。今の前座さん達の笑顔は深い。

 

お席亭にも感謝しかありません。芸人から高座がなくなったら、

いろんな意味で終わりです。やはりどんな時でも続けてこその、

あの、空気感なのだと思うから。採算度外視で…本当にありがたい。

 

もし心が疲れたと思ったら、密を避けながら、

ふらりとぜひ、今の寄席にいらしてくださいね。

とても良いです。

 

 

※ちなみに移動中、都内では、電車が混んでいて怖いと思えば、

 一旦ホームに降り、1、2本逃せば、空き空きの電車がちゃん

 と来ます。急がないスケジュールをたて、ゆったりした気持ち

 でお運びくださいね。また、大通りや観光地のメインロードは

 人とすれ違いますが、少し路地を入れば全く人とすれ違わずに

 目的地に到着することができます。

| 寄席関係 | 11:00 | - | - | pookmark |
残暑お見舞い申し上げます。

 

お盆ですね。そして、8月15日は終戦の日です。

 

「八月は六日、九日、十五日」と永六輔さんが生前ラジオでよく

おっしゃっていたことを思い出します。命の大切さに向き合う月です。

 

「奪い合うのではなく、与え合う社会を」と二月に山口に引っ越した

時、心に決めましたが、今でもその気持ちは変わりません。

 

コロナ禍、「いつもと違った夏」とニュースで言われていますが、

一体いつからの「いつも」と比べ嘆いているのか。。。

 

そもそもいつも同じことは、これまでもなかったし、

これからも、ない。

 

焦らず、今できることを。。。

 

この度の感染症、そして7月の豪雨災害によりご他界された方々のご冥福を

心より御祈り申し上げると共に、少しでもホッとできる瞬間が皆さま

お一人お一人に、そして世界中の皆さまに訪れることを祈念申し上げます。

 

とにもかくにも大変な状況下、窮屈な思いをされている方々に寄り添い、

お一人お一人の心ある行動に感謝しながら、私も日々心身健やかに暮ら

して参りたく思っています。講談の道も、ゆっくり磨いてますのでご安心

くださいね。

 

どうか皆さん!

 

心丈夫に、健康管理に気をつけて無事にお過ごしください!!

 

晩夏を味わい、秋、冬も味わっていきましょう。

 

 

 

 

*8月14日は講談新宿亭夜の部の出演を予定しておりましたが、

 諸般の事情を鑑み、休席させていただきましたこと、ここにお詫び申し

 上げます。

 

9月14日(月)「爆笑劇場PART17」大和市文化創造拠点シリウス

 メインホールでの公演も、主催者様のご判断により開催中止となりまし

 たこと、大変残念ですがここにお知らせいたします。

| 講談関係 | 17:04 | - | - | pookmark |
7月3日(金)テレビ山口「tysニュースタイム」にて我が家の活動?が少し紹介されます。

テレビ山口の取材を受けました。

 

・なぜ山口に住もうと思ったのか?

・ここ山口でどのような活動をしたいか?

・都市部から地方への移住が注目されるようになっているが、

 そういった方々へのメッセージを一言

 

というようなインタビューを頂きました。

7月3日に放送です。山口県民のみなさま、ご覧下さいね。

 

 

7月3日(金)18:15〜

tysニュースタイム

 

 

2月に引っ越しをし早丸4ヶ月。

 

詩人と講談師と元気いっぱいの三歳児(この4月から幼稚園に)

が「どうやらこの街に引っ越して来た!」という噂が?じわじわ

広がったようで…^^。

 

 

中央だけで良いのか?…という思いもあり、子育てを機に飛び出

した私たち。

 

いろいろな挑戦を、この山口でしていきますね。

ではまた!!

| テレビ出演 | 13:49 | - | - | pookmark |
明日公開!!詩人企画!山口発!YouTube「蓬莱座オープンマイクへの道3」に私も一席、張り切って出演しております。

今日は詩人の父ちゃんプロジェクトを紹介させてください。

 

@蓬莱座 として少しづつ準備中の会場 ↓

  (山口在住 詩人チェンスウリーさんの夢を一緒に実現して参ります!)

.

6/20(土)公開 
蓬莱座オープンマイクへの道3」 


 

.

これまで2度に渡り、動画の形で「山口になぜ来たか?」を

いろいろな角度でお伝えして参りました。

いずれも三密を避けて野外での撮影、かつ限られた人数で、

しかも詩人の二人、桑原滝弥、チェンスウリーさん中心に

お届けして参りましたが、今回はいよいよ屋内で(出演・

関係者のみ、無観客)、何人か共演者参加の形で、本番さながら

ライブ感あふれる一発撮りの収録をいたしました。

 

.

というわけで、明日公開の最新版には、私も講談で一席張り切って

出演しております。

 

どうぞご覧ください。

 

.

そして、チャンネル登録もどうぞよろしくお願いします。

 

京子拝

 

 

>>

 

詩人類 presents 

『蓬莱座オープンマイク』 

 

人は表現するために生まれてきた… 

だれもが皆、アーティストである! 

 

山口に全ジャンル対応のオープンマイク(だれでも参加できるステージ)

が開幕。 これまで東京をはじめ全国各地で数々のイベントを成功させて

きた ”詩人・桑原滝弥”が、この地から世界へ、 

今を生きるあなたとともに、未来へとつながる表現をつくっていきます☆ 

 

毎月第三土曜日 17時〜 

 旧蓬莱閣にて開催 

 

 

〜開幕宣言〜 

 

山口のみなさん、世界のみなさん、こんにちは。 

詩人の桑原滝弥と申します。僕は人前で表現をするようになってから

今年で34年になり、これを生業としていますが、未だに表現をする

のが恥ずかしくて、恐いです。 

だけど、それを乗り越えて、目の前のお客さんや、遠くの読者と繋が

れたときには、何にもまして幸せです。 

そしてその時放たれた表現は、自分だけのものではなくなり、誰かや

何かのなかに息づく、この宇宙の一部となります。それによって、お

かしな話に聴こえるかも知れませんが、心に新鮮な風が吹き込んでき

て、救われた気持ちになります。 

一度きりの人生です。そして誰だって、恥ずかしかったり、恐かった

りします。それをわかち合うことで、出会った一人ひとりの方と、今、

という瞬間をうんと味わって、たしかな未来へと繋がる表現をつくっ

ていけたらと願っています。 

 

これまでオープンマイクをいろんな場所で開いてきて、それがきっか

けで、現在表現の第一線で活躍している人もいれば、まったく違う人

生を見つけてイキイキ活動している人もいます。そして、もうこの世

から旅立たれた人もいます。 

 

いずれにせよ、この人たちはオープンマイクという場に来て、おたがい

に表現をし合うことで、それまでとは異なる運命を引き寄せた人たち

だとおもいます。 

 

僕のイベントには、遠方から駆けつけてくださる人も多いので、

ここから山口の人と、世界中の人とのあいだに、どんな交流が生まれ

るのか、とっても楽しみにしています。 

 

さあ、マイクを解放します。まだ電気が通っていない会場なので、

しばらくはエアーマイクですが(笑) 

 

皆様のご来場、心よりお待ちしております。 

 

詩人 桑原滝弥 

| 詩人・桑原滝弥 | 16:07 | - | - | pookmark |
ゼロからの喜び!! 山口に住み、四ヶ月が経とうとしています。

萩の夏みかんはこの後絞ってジュースに。

阿東のおじちゃんからスナップえんどう。昨日は玉ねぎもら

ったよ。車麩は引っ越し前に東京のスーパーで買ったなぁ。

 

美濃の実家からナスが送られてきたよ。

 

 

昨日より今日、今日より明日へと、成長していくことが、幸せを感じる

一つかと思う…。逆に、昨日より今日、今日より明日へと…、

成長が感じられないとき、人は不幸に感じるようだ。

 

子供が、おむつからお兄ちゃんパンツを履くようになった時、子育てが

うまく行っているような気がして、すごく嬉しい。幸せだ。

逆に「おにいちゃんパンツいやだ!」と再びおむつに戻った時に、ひどく

落ち込むことがある。

 

朝一番に、これまでになかった感覚で稽古ができて、良い集中力で

自然にたたみ掛けが出来た時すごく嬉しい。講談師としてとてもうまく

行っていると思える。幸せだ。

逆に、何の発見もなく、集中もできなかった時、私は子供も近寄れない

くらいに落ち込む。。。

 

 

まあ、人の幸福感というものは、そんなもんなのだろう。

ちょっとしたことで一喜一憂。引っ張られないように。

 

 

ところで、経済の成長って一体何なのだろうか?

ドッと売ってドッと儲ける。ということだけなのだろうか?

 

 

シンプルなモノを作って売る、買う、ということは、

「成長」の道から外れ、「戻る」ということになるのだろうか??

 

いやいや、そうではないと思う。

 

モノが欲しい!欲しい!の時代から、たくさんのモノが出来、

お陰で生活も楽になった。

 

このままうまくいく!と思っていたらそれは錯覚で、モノが溢れて

価値が下がり、難しい問題が山積みになり、いつか誰かが解決してくれる

と、見て見ぬふりをし続けた結果、気付いたら、当初の目的から随分かけ

離れたところに来てしまったようだ。

 

 

そこにコロナ。。。

 

 

全てがストップし、地球を我がモノのようにして生きて来た人間生活

が、このことで急に不自由になっている。

 

 

もっと優しくなりたいな。

 

すっかり変わったのだから。

 

そして、実は何も変わっていないのだから。。。

 

 

もし、これまでの経済的成長をこれからも正解だと思い込み、錯覚し、

その流れのトップに立つよう努力することが「競争」と言うならば、、、

 

 

私は、その「競争」からあっさり抜け出よう。

 

 

思い切って2月に引っ越しをし、遠くから東京を眺めている。

やはり東京は忙しい。

 

もう「経済回復」「経済回復」と言って、辛そうだ。

 

先日、一の坂川で蛍を見た。今住んでいる山口。県庁所在地の

街中の小川に、蛍。これくらいのバランスが好き。

 

 

ここでしばらく、

じっくり芸を育んで生きたい。

 

 

 

 

<お知らせ>

 

6月26日

一龍斎貞橘先生企画の木馬亭講談会に出演いたします。

ゆるりと、ゆるりと、ゆるりと、いらしてくださいね。ワクワク。

 

場所:木馬亭(浅草)

開演:18:00 

木戸銭:予約当日共2000円
予約受付:koudankai@gmail.com
電話:03-3820-3352

 

いちか、貞弥、琴調、京子(ゲスト)、貞橘  
※敬称略、講談協会の皆さまに囲まれて。

| つぶやき | 11:42 | - | - | pookmark |
| 1/261PAGES | >>