CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
地方の博物館が熱い!!「東海地方の円空仏」@岐阜県博物館 素晴らしかった!!

岐阜県博物館四十周年記念 特別展

「東海地方の円空仏」に行って来ました。

(関市の百年公園内にある岐阜県博物館本館4階)

 

小さい頃よく出掛けた隣町の関市(刃物の街)にある百年公園。

山の自然をうまく生かした素晴らしい公園で、

遊歩道を散歩したりアスレチックで遊んだりしたが、

近くにいながら実は博物館に入るのは初めて!

 

今回は大好きな円空さんの企画展だったので、

早速足を運びました。

 

素晴らしい展示内容!

 

地域に根ざしたオリジナリティ全開の、

素朴な円空仏が沢山展示されていました。

 

2013年に上野の東京国立博物館140周年企画で開催された

「特別展 飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡」や

2015年に横浜そごう美術館にて開催された「円空 木喰展」では、

展示方法も派手で、見るものを圧倒させる大作が所狭しと並んでおり、

初めて円空仏に触れる方々にも分かりやすい形での展示でした。

さすが中央!といったご紹介のされ方だったのを覚えています。

 

今回の岐阜県博物館での特別展では、

円空仏が、庶民に根付いていたという素朴感を、

より一層感じられる仏像が集められ、展示されていました。

それがとても良かった。

 

最近、地方の博物館の展示に大きな魅力を感じます。

 

それは、地域色が強く、それだけに、その土地に根ざした

マニアックな(良い意味で)展示方になることがあるからです。

そこには土地の人々の思いが充満し、全体を意識しすぎて

かえって薄まってしまう可能性が高くなる中央の展示とは

真逆なエネルギーが働くことがあるからでしょう。

そういう展示に遭遇したときに「来てよかった〜」と思えます。

 

 

北海道から四国まで(発見された場所から)、

生涯で約12万体を彫り、お寺さんだけでなく、

各村、各家々にも小さな仏様を納めて歩かれた江戸時代

前期を生きた円空さん(誕生と入滅が岐阜県)。

 

大小関わらず、一木から一体を勢いよく

鉈で彫刻してしまう潔さ、判断力は天才的だと

今回改めて感じ入りました。

 

 

旅先で出会う様々な木の形を生かして彫る為、

自然の力をいただきながら、信仰の重要ポイントを

木に宿すという…、確信を見出したら彫り終わり!

故に二つとして同じ形はなく、一体一体が完全なる

オリジナル。すごいな〜。

 

今回、特別企画として、近世の宗教美術研究をされている

矢島新先生の講演も開催されており、受講させて頂いたが、

円空仏に至るまでの日本の宗教美術の変遷に対する研究視点が

とても面白く、受講出来て本当にラッキーでした。

 

”奈良時代の天平文化に感じるダイナミックな美や、

平安時代の国風文化に見られる均整のとれた美など、

分かりやすい美が普遍性をそなえ、今の日本的な美に

繋がっているという事実の一方で、

江戸時代の円空さんのように、日本の土着的な土地で培われた

「個性」「オリジナル」の強いものが、かえって

後々普遍的になる、ということも又事実である”

 

という感じの内容。

 

ブラボー!!

 

大好きな岡本太郎さんも、万博で「太陽の塔」を

「牛乳瓶のお化けだ」「国の予算で自分の好き勝手な作品を

作ってけしからん」などと…有識者によって批判された時に、

「何を言っているのだ。べらぼうに個性的なモノを作った方が

かえって普遍的になるのだ」という内容を答えられたが、

円空仏もまさにそうだと感じました。

 

「個性が際立つと普遍になる」

 

分かる〜!!!

 

岐阜県博物館での特別展「東海地方の円空仏」。

まだまだ開催されたばかりです。

ぜひお運びあれ〜*(^o^)/*✨ 

| 京子好み | 19:44 | - | - | pookmark |
暑さ寒さも彼岸まで!本能の赴くままに、臨月ライフは今日も続く。。。

本日は秋分の日ですね。暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが

本当にこの頃になると、つい最近までの猛暑はどこへやら…

すっかり秋らしく過ごしやすい毎日となりました。妊婦にとっても

有難い季節です。

 

とは言いつつも、今週は台風16号に悩まされた日本列島。

みなさまご無事でしたでしょうか?被害に遭われた方には

心よりお見舞い申し上げます。まだまだ油断できぬ秋雨前線。

私も大雨の日は無理なく過ごしていきたいと思いますので、

引き続きみなさんも気を付けてお過ごしくださいね。

 

(岐阜県郡上市白鳥町の阿弥陀ヶ滝にて森林浴)

 

さて、今月は9月4日(日)「日曜バラエティ」@NHK

ラジオ第一放送 の出演を最後に、完全にお仕事をお休みし、

産休に入らせて頂いております。

 

(美濃市俵町の喫茶店「おかもと」さんには2006年撮影

の私のサイン入りポスターが)

 

岐阜県美濃市に里帰りし、久しぶりののんびりした生活。

ありがたく臨月に突入するも、まだまだ生まれる気配は

ないので、本能の赴くままに生活しています。

 

よく食べ、よく寝て、よく歩く!!

 

50分間の散歩コースを日課にしたり(…無理せず3日歩いたら

1日休むようにして)、昼間ドライブ出来そうであれば、

森林浴に足を延ばしたりして、日頃なかなか体験できないことを

味わっております。

 

その間、この時期ともなると、定期健診が一週間ごとなので

病院通いも頻繁。ドキドキの体重測定も!!

増え方が多いと怒られる><

なんやかんやで妊婦さんて結構忙しいのですねぇ〜。尊敬〜。

 

(実家の和室を産後部屋に。赤ちゃんベットを作成)

 

さて、ママ友でもある山崎バニラちゃんが、「巣ごもり本能」が

人間にもある…云々…ということをブログに書いていたので

私も感化され!?(笑)、産後のことを考えて、今の内にすべきことを

しておきたい!!という気持ちがムクムク芽生えました(これまで

も、やたら掃除がしたくなったりしたのだけど、巣ごもり本能から

来ているとはビックリ!!)。

 

赤ちゃんベッド作成、部屋の片づけ、入院グッズ揃え、ついでに

張り扇作成…と、いろいろいろいろ。

(張り扇も作成)

 

来春には寄席や独演会も復帰予定!となると、やはり

今から準備しとかないと間に合わないなぁ。本腰を入れ

るのは結局〆切間近になる法則^^

 

里帰り直前に、ドバーッと東京の自宅も断捨離したけどし足りない。

 

帰京後の生活空間は快適だろうか?新米ママになる私は、

どんな同線を作れば快適なのかが分からず、とりあえず

物を減らすことを頑張ったのだけれども。。。

 

だけれども、だけれども。。。

 

夫もいるし・・・、まぁなんとかなるか!

| つぶやき | 15:55 | - | - | pookmark |
oh! Dango club通信「京子の今日この頃 vol.5」間もなく会員さまのお手元に!

 

今回は4月に発生した熊本地震被災地へのお見舞い取材訪問の

特集を組ませて頂き「震災お見舞い特大号」と致しました。

 

8月、9月は北海道や東北、九州など…台風の被害が

大きかった事に心を痛めました。

各地で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

今年は天災の多い年だとつくづく思います。

常に庶民に寄り添って来た講談。

日本で講談をしていくとは、どういうことなのか?を改めて

考えさせられています。

 

さて、今号のゲスト原稿は 話芸友で偶然にも同時期の出産を控えている

ママ友・活動写真弁士の「山崎バニラ」ちゃん、そして

元落語家で前座時代随分お世話になったラジオパーソナリティ「ようへい

兄さんにご寄稿頂きました。

お二人から心あたたまるメッセージを頂き、元気モリモリです!!

 

季節の変わり目。

 

まだ少し天候がぐづつきそうですが、

どうか皆様健やかに日々を送られますよう、そして

又笑顔でお会いできますよう願っています。

 

神田京子拝

 

★★★

 

 

※ kyoko oh! Dango Clubに入会したい!という方は・・・

 下記事務局窓口にお問い合わせ下さい。


[お申し込み・お問い合わせ]

TEL 03-3413-8420 FAX 03-3413-8331
E-Mail Kyoko-ohdangoclub@liberty-feel.co.jp

[会費振込先口座]

加入者名:Kyoko oh! Dango club
郵便局払込口座:00130-8-264139
ゆうちょ銀行:〇一九店 当座 0264139

 

<入会金:1000円 / 年会費:3000円>

※ 電話、FAX、メールにてお申し込みの後、
上記口座まで入会金・年会費をお納めください。

 


[会員特典]

1.会員証発行、
  Kyoko oh! Dango club オリジナルグッズ進呈!


2.京子ちゃんの近況や、
  ココだけの話満載!の会報誌を発行。

  (年2回)


3.500円優待券プレゼント

| お知らせ | 08:27 | - | - | pookmark |
小桜舞子ちゃんに講談指導させて頂きました^^

NHKラジオ第一「日曜バラエティ」でご一緒したことのある

小桜舞子ちゃんに講談指導をさせて頂きました。

(舞子ちゃんご出演の「江ノ島行進曲」9月1日@藤沢市民会館

 是非!!)

 

舞子ちゃんはそれはそれは可愛らしくお人形さんのような方で

じゃじゃ馬な講談師の私とはあまりにもギャップがあり過ぎ〜と思うの

ですが、ギャップは魅力!舞子ちゃんの講談はとってもチャーミング&

魅力的です!

おお〜!こんな声も出すのねっ。こんな表情もするのねっ。という

驚きの魅力全開の素敵なコメディエンヌに仕上がっていますよ〜。

 

会場は神奈川県藤沢市。お近くの方は

是非いらしてくださいね。

 

9月1日(木)
◎神奈川県藤沢市藤沢市民会館小ホール
「コメディー江ノ島行進曲〜劇中節劇にて弁天小僧勤め候〜」
出演(順不同・敬称略):速水映人、恋川純弥、小桜舞子
【昼の部】開場11:00  開演11:30 
【夜の部】開場16:00  開演16:30
《指定席》¥4,000/《自由席》¥3,000
(問)さくらぐみ事務局 03−5772−7735

 

※ 内容は「白浪五人男」をパロディー化したコメディ芝居で

歌手の舞子ちゃんは歌とお芝居をされるだけでなく、さらに

講談調のストーリーテラーもこなします。是非是非。

 

私も行きたいな〜。

 

<その他オススメ情報>

*師匠・神田陽子が今月「友情」というお芝居に出演中!

(〜8月30日まで)

*私の通っている日舞の若柳禄寿先生プロデュースのお芝居

春秋会男組vol.4」が今年も大好評!三越劇場で開催されます!

(9月13日〜9月15日)

*夫で詩人・桑原滝弥ソロライブ「生まれすぎて」が

 原宿クロコダイルにて開催!(8月28日)

| 講談関係 | 22:03 | - | - | pookmark |
残暑お見舞い申し上げます〜お陰さまで間もなく9ヶ月目に突入〜

(ふるさと美濃市の川原にて。妊娠8ヶ月を無事に終えようとする私)

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

朝晩は随分涼しくなった〜!と思いきや、この二三日、

東京はうだるような蒸し暑さ。

各地で気温が体温以上になったり、九州地方など、西日本も大変な残暑。

さらに、突然の雷雨や台風の発生など…、メダルラッシュのリオ日本選手に

元気を貰いながらも、なかなか心身に厳しい2016年夏です!

みなさまお変わりないですか?

 

私は、今月も御陰さまで元気に、母子共に順調に日々を過ごしています。

ありがたや〜。

 

8月7日(日)は着物姿で講談もしましたよ!袴を履いたらお腹の

でっぱりは分からない^^

京都の人気ゲストハウスFUJITAYAさんでの「夫婦ライブvol2」!

満員御礼!ありがとうございました!海外ゲストのお客様も。

今後は本格的な外国人向け公演の準備もして行きたいな。

 

*8/7「夫婦幸福ライブ」@FUJITAYA

 

一、「出世の馬揃い」京子

一、「詩」 桑原滝弥

〜中入り〜

一、「炎の歌人 与謝野晶子」京子

一、詩「夫婦パンドラ」 滝弥&京子

 

ありがとうございました。

 

又、久しぶりに今年のお盆は、数日実家の岐阜県美濃市で過ごしました。

完全なプライベートで、主に家族や姉弟達とゆっくり。

こういう時間も大切だなと。

 

「八月は六日九日十五日」

 

という句を故・永六輔さんが生前ラジオでおっしゃっていて、

加えて十二日の御巣鷹山での日航機墜落事故の事を忘れてはならないと…。

本当にそうだと思う。

広島・長崎への原爆投下、終戦記念日、御巣鷹山…。

さらにお盆のご先祖供養や8月24日の地蔵盆も合わせると、

一ヶ月の中で「命」や「生死」について思いを寄せる機会が、

八月は本当に沢山あります。

 

家族で仏壇に手を合わせ、

家族でお墓に手を合わせる、

という当たり前の習慣が、これからも続きますように。

 

いつしか「お盆休みは海外旅行〜!」というイベント的な休みに

なっている経済大国日本ですが、メリハリは必要です。

出来ればこの一ヶ月は、私の美学として、子供が産まれても、

心静かに、「命」に向き合いながら過ごして行きたいと思っています。

 

自分の中での「ここは大事」という部分はシンプルに守りたい。

 

さて、来月半ばから臨月突入!区主催のマタニティクラスや助産院主催の

マタニティ体操・ヨガクラスの受講、日々の食生活、夫との会話(笑)…

いろいろいろいろ…。今しか体験出来ないことを楽しんで、お産の準備

に臨みたいと思います!ここまで無事来れたたことに感謝!!

 

引き続き温かく見守ってくださいね〜。

 

*産休直前の最後のお仕事>>

9月4日(日)「日曜バラエティ」@NHKラジオ第一放送

13時〜15時半 司会

※携帯やPC「らじるらじる」でも聞けます。是非お聞きくださいね〜。

| お知らせ | 11:06 | - | - | pookmark |
熊本地震被災地への訪問ご報告

暑中お見舞い申し上げます。

 

本格的な夏到来!

八ヶ月のお腹になった妊婦は、さすがに肩で息する

毎日ですが、ありがたく健やかな毎日を送っております。

みなさまはお変わりないですか?

 

さて、以前当Blogにて「熊本地震被災地への募金」の呼びかけを

させて頂きました。ご賛同頂けました方から、徐々に

Kyoko oh! Dango Club口座へお振込みがございましたこと、

又、個人的に直接支援金を託して下さいました方々へ

改めて感謝御礼申し上げます。

 

なんとか私のお腹が安定しているうちに、この皆様からの気持ちを

現地にお届けしたい!!

 

と、密かに旅の計画を進めていき、7月19日〜22日の三泊四日で

お見舞いの旅を実行することが出来ました。ここにご報告申し上げます。

 

 

※ Kyoko oh! Dango Club口座にお振込頂きました募金と、

 夫・桑原滝弥が詩のライブにて声掛けをし手元に集まりました募金を

 合わせ、私たちの気持ちをお乗せし、熊本地震被災地二カ所へ

 「支援金」としてお渡し出来ました。(総額110,535円)

※今回の旅で九州での車の運転をかって出てくれた田中ゆっきー

(福岡県柳川市出身)本当にありがとう!!彼は「内閣府主催 世界青年

 の船」の同期です。

 

 

今回の地震災害は、津波や火災がなかった分、

被災状況が見た目に分かりづらい所も多く、

又被害の大きさにも地域によって差があり、

支援の気持ちがあっても「どこにその気持ちを託して良いか分からない」

という方が私の周りに非常に多かったことを実感しています。

私自身も当初、どこに思いを託して良いか分からず、

友人知人に連絡を取り続けた結果、次の地域と縁があり、

皆様にご協力頂くならば、東日本大震災の時と同様、

「顔の見えるつながり」を持ち続けたいという気持ちで、

募金のお届け先を決めました。

 

以下、ご報告です。ふれあいによって笑顔が戻ったことは

この上ない幸せですが、復興はまだまだこれから!!

引き続き皆様からのご支援をお待ちしています。

 

*7/19〜7/22

 大分・湯布院(由布院)〜熊本・西原村と熊本市内へ訪問

 

‖臺県は湯布院(由布院)へお見舞いに上がりました。

(ゆふいんラヂオ DJ知念識人さんと)

 

 地元の方のご案内で被災状況を取材させて頂き

「ゆふいんラヂオ This is the Radio Show」に出演。

 

「関東での公演活動で募金をさせて頂き、みんなの気持ちを

 お届けに上がりました」と電波を通じてお伝えしました。

 

「由布院・別府地域が震源地であったことは、きっともう

 忘れられている」と感じている地元の方も多いようで、

「関東から気持ちを届けてくれた」というのはとても嬉しい様子でした。

 

(湯布院の人気パン屋 A:GOSSEさんオーナー夫妻と

 亀の井別荘内のカフェ天井桟敷さんにて)

 

きっかけは、イタリア在住の京子応援団であるMさんの弟さんが

湯布院にて被災され、ご自身経営のパン屋さんのオーブンは

震災直後も使えたことから、「駅前の避難所である小学校へパンを

焼いて配布された」というエピソードを知りました。

感動したので会いに!

 

山側の住宅エリアでは全壊・半壊の家も多い中、外観からはあまり

その被害状況が分からない所から、義援金の分配の判断が難しい

という問題がある様子でした。

 

観光地の中心は復興を急ぎ、ガラス窓の割れた駅の修復も終え、

さらに観光事業の回復を頑張っていました。

 

私たちがお届けした支援金は、8月のお盆に開催される

地元の花火大会の寄付金としてお渡しすることが出来ました。

一度は中止になりかけた花火大会も、地元の活性化と、元気を取り戻す

ために地域が一丸となって寄付金を募り、ようやく

開催まで辿りつけそう!という言う事でした。参加出来て良かった!

 

↓ 支援金はまだまだ受付中!

  こちらは、由布市の被災した道路工事、整備費用として使われ

  るそうです。引き続きのご支援を私からもよろしくお願いします。

 

由布市災害支援金 ゆうちょ銀行00970-6-235898

 2016.4.25〜 

     2016.8.31

 

 

∪掌饗室匆駟〇禧┻腸駘佑愡抉膓發鬚届けに上がりました

(西原村社会福祉協議会センター長 泉田さんと)

 

 支援金は西原村で被災された方への社会福祉事業に使用されるとこの事で、

 社会福祉協議会事務局の皆様も大変喜んで下さいました。

 

(阿蘇山への玄関口)

 

ニュースでは、益城町にて仮設住宅が建設され、避難所にいらした方々が

お引っ越しされているという報道がありましたが、隣接している西原村でも

仮設住宅への移動が、私が訪れた七月中に始まっていました。

西原村は村内2652棟の住宅のうち497棟が全壊、1253棟が半壊だそうで、

多くの方がつい最近まで避難所や車中泊での生活を余儀なくされて

おりました。ようやく仮設住宅が出来ても、新たな問題が山積していました。

 

西原村は、私が十年前に参加した「内閣府主催 世界青年の船」

という文化交流事業で知り合った仲間ともちゃんのふるさと。

彼女は現在西原村役場住民課で働いており、被災後は、

村民の暮らし再建についてのあれこれ手続きに追われていました。

元気な笑顔に再会出来たことは嬉しかったのですが、

寝る間も休みもなく身体に鞭を打つ毎日のようでした。

又いつも通勤の為に使っていた高速道路が遮断されていることから、

役場近くにアパートを借り、日々問題に取り組むのが現実のようでした。

 

↓ 支援金はまだまだ受付中!私からもよろしくお願いします。

  西原村社会福祉協議会様宛支援金について詳しくは>>コチラ

  西原村社会福祉協議会様が実施される地域福祉活動に活用

  されます。

 

Kyoko oh! Dango Club会員様で、熊本市東区にて被災された

 C様のお宅へお見舞いに上がり、お住まいのマンション十三階

 から街を見下ろし説明を頂きました。震源地から熊本市街地まで

 鳥瞰出来、様子が改めてよく分かりました。

 

 

(C様のマンションから見下ろす熊本市街)

 

眼下には屋根瓦補修のブルーシートが。地震から三ヶ月か経ち(訪問時)、

大分シートは取れたようですが、まだまだ震源地に近いほどシートの

被った家が目立っていました。又、Cさんのマンションも日々の余震で

あちこちに亀裂が入っており、水回りも壊れたままの部屋もあることから、

一階玄関には仮設のシャワールームがありました。

 

本震の際、揺れは体感的に1メートル以上左右に引っ張られる感じがした

とのことで、床には物が落ちた後の生々しい傷が残っていました。

「高価な食器からどんどん投げ出され割れていった」「地震で愛犬が

骨折し、しばらく下半身が震えていた」…と言う印象的な体験談も。

地震直後はお風呂に入れず、もらい風呂に行ったり無料開放の温泉に

行ったり。しかし温泉に行っても市民が溢れて道路が渋滞、さらに

施設に入ってから三時間待ちという大変な状況が続いたとのことでした。

 

し本城石垣見学。

(熊本城石垣)

 

時間がなく、石垣は車窓からしか見られなかったのですが、

有名な飯田丸五階櫓だけでなく、周囲にも無残な石垣崩壊の

姿がありました。

 

今回の被災は、石垣や瓦葺の屋根など、古き良き日本建築ばかりが

なぎ倒された形でした。きっと復興のあかつきには、瓦屋根の家が減り、

景観はガラッと変わると思う。瓦を葺き替えたくても瓦を焼く職人も少なく、

さらに「怖くてもう瓦は止めます」という方がたくさんいらっしゃいました。

 

ノ垢虜埜紊乏慇源代の後輩に会えました。

(熊本城付近にて。学生時代の後輩と)

 

「お久しぶりです〜!」と元気良く現れた後輩でしたが、

車後方のトランクはボコボコ。「これ、どしたの?」と聞くと、

「瓦が飛んで来てガラスが割れたんで修理に出したんですが、

修理屋さんも被災していて忙しく、慌ててガラスだけはめてもらったんです」

という事でした。「オープンカー状態が続いて困りましたよ」と彼女は

笑い話にしていましたが、二児の母なる彼女の不安はいかばかりだったか。

又、震災から一ヶ月間の記憶はあまりないとのこと。

「食べる、寝る、お風呂に入る…生活すること一つ一つをこなすのが

精一杯だった」と。

 

以上、レポートでした。

 

↓ 支援金まだまだ受付中!

  お一人お一人にあった支援の形を私も応援致します!

  熊本地震災害への支援等詳しくは>>コチラ

 

 

 

講談師をこの国でやっていく以上、震災を無視することは出来ません。

これは東日本大震災の頃から常々心がけていることで、

これからも持ち続けたい心です。

 

講談には、「情けは人のためならず」「袖に涙のかかるとき人の心の

奥ぞ知らるる」なんという台詞がよく出て来ますが、こういう台詞を

震災現場そっちのけで口にすることは出来ません。

 

常に時代と共に庶民に寄り添って来た講談。

震災大国日本において、次代に必要とされる講談師になるためにも、

今回の出会いを新たな御縁として、

引き続き多くの方との「つながり」を持ちながら、

今後も活動させて頂きたいと思っています。

 

そして、被災されたみなさまが、

少しでも安心した暮らしに近づけるよう、

心よりお祈り申し上げます。

 

京子拝

| 熊本地震関連 | 10:15 | - | - | pookmark |
8月7日は京都「夫婦幸福ライブ2016@FUJITAYA」〜本物の夫婦による詩と講談の夕べ〜

「夫婦幸福ライブ2016@FUJITAYA」

〜本物の夫婦による詩と講談の夕べ〜


☆とき: 2016年8月7日(日)
☆時間: 17:30開場
 18:00~ 19:30 「夫婦幸福ライブ」
 19:30~ 「たこ焼きパーティー」(別料金)
☆場所: FUJITAYA

 京都駅からのアクセス>>コチラ

☆出演:桑原滝弥(詩)  神田京子(講談)
☆料金: 3000円
 (たこ焼きパーティー参加費別途1000円)

☆問:075-708-2677(電話)

(営業時間 9:00〜12:00, 16:00〜21:00)


※事前に人数を把握したいため、参加される方は

「Facebookイベントページ」の「参加」ボタンの

 クリックをお願い致します。ページが見られない

 方はFUJITAYAまでお電話にてご予約下さい。

<075-708-2677(電話)>

 

〜出演者紹介〜


プロフィール

●桑原 滝弥  くわはら たきや  takiya kuwahara
詩人。1971年7月14日、三重県四日市市出身。

1986年8月28日、俳優として初舞台。演劇・音楽・

パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。

処女作『えりなのプロフィール』は、新潮文庫

『あなたにあいたくて生まれてきた詩 / 宗左近・選』

に収録。 以降、「あらゆる時空を" 詩 "つづける」を

モットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品

を発表。詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』や、

詩のオープンマイク『tamatogi』、言の葉Tシャツの

製作などの企画も多数手掛ける。海外での活動や、

妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルと

コラボレーションも積極的に展開。東日本大震災被災地

の歌『たしかなる風 〜ふるさと久之浜〜』『トブシルのうた』

を作詞(作曲・谷川賢作)。著書に詩集『花火焼』(にこにこ出版)

ほか

今夏、最新作となる写真詩集『メオトパンドラ』

(写真家・キッチ ンミノルとの共著)をFOILより刊行予定。

2016年8月28日(日)渋谷・クロコダイルにて、

表現道生活30周年記念ライヴを開催。

「桑原滝弥・情報ブログ」 http://shijinrui.blogspot.jp/


●神田京子 かんだきょうこ Kyoto kanda

平成11年二代目神田山陽(かんださんよう)に入門。

界後、神田陽子(かんだようこ)に師事。

平成26年真打昇進。都内の寄席に出演の傍ら、

独演会・地方公演・海外公演・他ジャンルとのコラボレーションなど、

形にとらわれない公演を積極的に展開。テレビ・ラジオ出演も

(NHK「演芸図鑑」 NHKE テレ「趣味悠々〜フォト五七五〜」

/東海ラジオ「よみがえる話芸 節談説教(ふしだんせっきょう)」

<2012年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞受賞、第39回放送文化基金賞

本賞受賞>など)。岐阜市歴史博物館展示映像「天下鳥瞰絵巻(てんか

ちょうかんえまき)」案内役。文化庁短編映画「敬語おもしろ相談室」

案内役。被災地支援の公演を通して、国内外の民話を講談にする

取り組みをライフワークに。夫は詩人・桑原滝弥。

落語芸術協会、日本講談協会に所属

 

公式ブログ「京子喫茶室」http://blog.kandakyoko.com/ 
長良川鉄道広報大使

| メオトライブ | 11:01 | - | - | pookmark |
「第25回王子落語会」出演のお知らせ

第25回王子落語会

◎日時
2016年7月25日(月)
19時開演/18時半開場

◎出演者
桂米紫
瀧川鯉昇
神田京子
瀧川鯉作久

◎木戸銭(前売り・当日ともに) 2000円
※Kyoko oh! Dango Club会員様「優待500円券」使えます。

 Kyoko oh! Dango Club事務局へご予約の上、当日「優待500円券」を

 木戸(受付)にてご提出下さい。

(↑ 問:TEL 03-3413-8420 FAX 03-3413-8331
   E-Mail Kyoko-ohdangoclub@liberty-feel.co.jp )

 


王子落語会ブログ http://ojirakugo.seesaa.net/

| 寄席関係 | 09:57 | - | - | pookmark |
ふるさと岐阜県美濃市での活動報告をまとめました。

故郷のみなさま。いつも応援ありがとうございます!!

 

\萋、6月8日に美濃市商工会議所にて「神田京子美濃ふるさと後援会」

 のみなさまに、公演活動ご後援への感謝御礼を申し上げました。

(帯留めは美濃市のシンボル “うだつ” のモチーフ)

 

2016年 4月27日 美濃太田駅において観光列車「ながら」

 出発式がありました。

今年も広報大使をお受けすることになり、年度始めの初公務でした。

市内外からのお客様が乗り初めされ(外国人も)大盛況の「ながら」。

良い季節に借り切って、みなさんと豪華な思い出を作りたいです!

 

2016年 2月9日 長良川鉄道企画

「新春!パパンと楽しい講談列車」(美濃〜郡上)満員御礼!

お座敷列車でのファン交流会(後援会の皆様は特別割引)。

 

満員御礼!楽しく開催出来ました。雪の中にもかかわらずご参加

ありがとうございました。郡上八幡ではカフェ齋藤さんに

移動して「神田京子独演会」を開催致しました。

 

一、「長良川鉄道すごろく」京子作 郡読   講談塾卒業生のみなさま

一、「詩」 桑原滝弥

一、「鉢の木」 神田京子

 

車内で雪見酒〜。小坂酒造さま、ご提供ありがとうございました!

長良川鉄道のみなさまにも感謝!!サプライズのおもてなしもして

頂きました。

  

*去年 美濃での公演 御礼

 

・2015年7月11日「男女共同参画社会啓発事業 元気わくわく講演会

 @中央公民館

一、那須与一 扇の的 

一、炎の歌人 与謝野晶子

一、聖女エビータ(京子作)

 

・2015年10月20日「やまびこライブ」@小倉山下やまびこ 

一、カルメン

一、コンドルは飛んで行く由来(京子作)

一、ペルー音楽 福井岳郎さんゲスト

一、青葉の笛

 

・2015年12月17日「美濃市シルバー人材センター設立20周年記念式典

 @中央公民館

一、山内一豊出世の馬揃え

一、赤穂義士伝「南部坂雪の別れ」他

 

いつもいろいろとお声掛けいただき嬉しいです。

ふるさと後援会の皆様にも沢山お運び頂き、応援頂きました。

ありがとうございます。

 

美濃市のあちこちで可愛がって頂けるようになったのは

「美濃ふるさと後援会」の皆様の御陰。感謝感激〜!!

 

今年は美濃市での公演もしばらく控えさせて頂きますが、

また来年落ち着きましたら独演会を開催して参りたく、

楽しみにお待ち下さいね。

 

梅雨の季節ですが、どうかお身体お大切に、再会楽しみに

しています〜。

 

京子拝

| 講談関係 | 08:48 | - | - | pookmark |
神田茜先生!

先日、神田茜先生にランチを御馳走になりました!

(また先輩にたかっている…^^)

すっごく楽しくて時間を忘れ、お茶をはしごさせて頂いて

なんと4時間!!下北沢界隈を二人でうろうろしていました(笑)。

 

(新刊「オレンジシルク」新潮社。

笑って泣いて…のエンターテイメント作品!

安藤桃子監督に映画化していただきたい。

主人公は安藤サクラさんで!)

 

茜先生は、講談界でも異色のお姐さん。

 

いろいろな道を切り開いてくださっている貴重な先輩です。

ブルトーザータイプではなく、手作業でじわじわと確実な道を作って

いかれるタイプ。

鎌で草を刈り、鍬で土を耕し、気が付いたら相当な道が延びてましたよ…

というような。

 

新作講談で大人気の絶頂に結婚〜出産(お二人)〜産休〜復帰〜小説家の道

 

産休の間に新作講談や物語を書き続け…気が付いたら新潮社の大きな賞を

受賞され小説家デビュー!!

腹が座ってないとなかなか出来ない決断の連続だと思う。

 

たまに「京子ちゃん、ランチでもどう?」

と気楽に誘っていただけるお姐さん。

 

会話は日常のふとしたことだったり映画のことだったり、

芸論を熱く!!という感じではないのだが、

いつもどこかにヒントがあり、暮らしに奥行きがある。

等身大を潔く生きてらして格好いい!!

 

茜先生の作品は、講談も小説も、もやもやした心がすっきりとする所が好き。

又、近い将来独演会にゲスト出演をお願いしたいと思います。

 

お楽しみに〜♡

| 講談関係 | 09:10 | - | - | pookmark |
| 1/240PAGES | >>