CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
江戸風のサッパリが気持ちよい季節。スケジュール更新されました!

(キュッと締まった江戸らしい包みが大好きです。)

 

講釈師の夏は「怪談」!

 

「怪談」の総元締はお岩さま。ということで、5月22日、

四ッ谷左門町にある於岩稲荷へ御参りに行って参りました。

 

故・二代目神田山陽も大切にし、講釈師のみならず

歌舞伎役者やお芝居関係者が大切にしている慣習です。

 

お岩さまについての詳しい事は後日お伝えすることとして。。。

 

今日は「お供物」の包みの噺。

 

東京に住み22年。講釈師になって19年。

かつて憧れの街だった東京はすっかり住み慣れた街となりました。

 

江戸っ子は五月の鯉の吹き流し

 

と川柳にも表現されているように、やり取りがカラッとし

すぎていて、口は悪いし…(笑)、慣れぬうちは土地によっては

(特に東と北)「怒ってるのかな?」「気に障ったかな?」と

不安になる場合が多いのですが、実は全く肚はないということが

だんだんに分かります。

 

寿司屋の暖簾をくぐる時、

 

「元気にやってるか?」と言う代わりに、、、

「くたばってねえか?」

「まずいネタを食いに来たよ!」と、

 

まるで喧嘩を売りに来たように入っていく。

 

すると大将は、笑顔で、

 

「ば〜か。てめえに喰わせるネタはねえよ〜。」

なんて言いながら特等席へ通してくれる。

 

不思議なコミュニケーションで…、

 

本当は、常連さんは、年を取った大将の体調を気遣って

優しい言葉をかけたい。

 

大将は「良く来てくれたね〜。ありがとう!」と言いたい。

 

…はずが、

 

照れ隠しもあるのか?いつも逆の言葉を吐くのです。

 

優しい言葉の反対語を瞬時に出さなくてはならないので、

田舎から出て来た私はそういう時は笑ってごまかすしかなかった

のですが、、、つまりは、どよ〜んとした空気を残さないのが

江戸風なんですね。

 

丁寧すぎるのは恥ずかしい。

去り際は見送らない。

 

「じゃ!」

 

と言って次の角を曲がるまで手を振って見送らない。

 

心の中では「元気でいてね。」という心があっても、気持ち良く

別れた後に余計な空気を残したくない。

あとは余韻で楽しめば良い。人に見せない。

 

柳に風…とはこの場合使わないが…。

 

サッパリ!!

 

こういう気質が肌で分かって来ると、さりげない表現にぐっと

来ます。

 

「これ、せっかくだから持っていってくれよ。」

 

と大祭に参加した際に、いつも頂くお供物。

 

「本日はわざわざのお越しをありがとうございました。

ほんの気持ちですがお供物を用意させて頂きましたので、どうぞ

帰り際にお持ち帰り下さいね。」

 

と言われると気が引けるところを、サラッと持たせてくれる。

 

「ついでにお姐さん達にも持っていってあげて。

 よろしく言っといて。」

 

「はい!」

 

と言って私が顔を上げた時にはそこにもう主催の先生はいない。

他のことをなさっている。

 

主催の先生とは、四ッ谷稲荷の禰宜でらっしゃる栗岩先生。

 

言動はサッパリしているが、いつもどこかに気持ちが入って

いらっしゃる。こちらに余計に気を使われせない所がさりげない

優しさでカッコいい。

 

先生はいつもこの駿河台の「ささま」さんの最中を配られます。

私はこのお菓子が大〜〜〜〜〜〜好き!

 

手に収まる感じがとても気持ちよい御箱。

手製の印が押されたのし紙。

涼しげな笹の図柄の包装紙。

キュッと締め上げた紙紐。

中を開けるとふわっと香る最中の芳ばしさ。

最中の美味さ。

餡の美味さ。シンプル。爽やか。

 

二三日の賞味期限の中、手を伸ばす度に先生の笑顔を

思い出し、緑風の中、お岩さんにお参りしたことに

思いを馳せることが出来る。

 

相手は心を残さないけど、こちらの心に残る。

 

そんなやり取りがどこかに備わっている。

これが江戸風なのかな?と思う。

 

日大アメフト問題。

 

言葉のやりとりにすれ違いがもしあったとしても、

問題は、そこに人としての情があったかなかったか?ではない

だろうか?

 

言葉でなくても通じるものはある。

それは思いやりでしょう。

 

ちゃんと見守っているか!?

見守り続けているか?

 

どうかこれ以上成果主義の犠牲者が出ませんように。

きっとこの問題も成果主義によるものだと感じます。

 

さて、来月もよろしくお願いします〜!

スケジュールはコチラ

| 講談関係 | 08:32 | - | - | pookmark |
なんでもわんわん。

(友達に同じくらいの子供が出来て嬉しい〜の一枚)

 

先日、アメリカから友達が帰国したのに合わせ、又

共通の友達にもお子さんが誕生した!という目出たい

門出を祝してランチをしました!

 

近い月齢の子を持つ友達と会うのはとても有意義。

結婚する前から知っている子が結婚し、家族が増え。。。

当たり前のようですが、こういうことは決して当たり前

ではないと実感することも多いので、じわ〜っと嬉しく

なるのでした。

 

アメリカで育っている友達の娘は、一歳四ヶ月くらいで

「マミー」「ダディー」「アクア(水)」と、名詞を上手

に話すのですが、うちの坊は…

 

なんでも「わんわん」!!(笑)

 

どひゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

犬を見て「わんわん」と言うので、良い子だな〜と思って

「これは?」と機関車トーマスを指差すと・・・

 

「わんわん」!

 

くまさんは?

 

「わんわん」!

 

父ちゃんは?

 

「わんわん」!

 

 

ん・・・確かに、父ちゃんは母ちゃんにとって

「わんわん」的な要素もなきにしもあらずだが…(笑)。

まあいいや。。。

 

どうやら、詩人と講釈師夫婦は、普段言葉の量が多すぎて、、、

子供に合わない早いテンポの会話が多いため、

「物」と「名詞」を一致させるのが難しかったのだな〜、

と気付くのでした。

 

ごめんよ坊ちゃん!

 

という訳で…、もともと5月は息子との時間を多く取りたいと

考えていたので、調整月とさせて頂いております。

 

心の大掃除も兼ねて。

 

家の中の断捨離、台本整理、新作作成、新作に関する取材、

子供の検診、自分の検診、歯のメンテナンス、着物、

草履のメンテナンス…etc

 

なるべく身体を休めながら過ごさせて頂いております。

ありがたや〜。

 

物を捨て始めるとスッキリ!!

 

家の中の視覚的な情報を減らし(つまりはゴミを減らし^^)、

余白の美を得るべく今月を過ごしております。

 

「わんわん」以外にも素敵な名前はあるんだよ〜と

息子に教えてあげるには、心に余裕を持たなくては。

 

(「岡本一平」「岡本かの子」「岡本太郎」さんご家族のお墓参り

に言ったよ〜。多磨霊園まで。)

 

 

それでは又!

寄席・講釈場で会いましょう。

スケジュールはこちら

| 京子好み | 08:23 | - | - | pookmark |
銀座七丁目。草履の直しをして来ました。

銀座七丁目にある「ぜん屋」さんにて直して頂きました!

 

着物を着て、急ぎ足てザッザッザっと歩く私は、

皮底の草履だとすぐに痛むので、前座〜二つ目時代は、

ウレタン底の、ゴム製の草履を利用することが多かったのですが、

真打ち昇進時に講談の後輩達からプレゼントしてもらった

皮底の良質の草履(写真のピンクのもの)を履いたら、

足の裏がとても楽だったので「こりゃ〜いい!!」と、

裏が痛んだらお店で直してもらえば良いのだと、、、

普段使いにバンバン愛用するようになっていました。

銀座八丁目の「小松屋」さんの草履でした。

 

履き始めて5年目の今年、とうとう直しの必要性が出て来た

ので(…といっても丸四年履き続けて大きな痛みがなかった

のだから、やはり職人さんの技というのはすごいと感心!)

先日、銀座ナインの敷地内にある「小松屋」さんに足を運び

ました。

 

・・・ところが、どこをどう探してもお店が見つからないのです。

なんと!少し前に閉店されていることが分かりました。

 

どうしよう・・・。

 

そこで、銀座をぶらぶら歩いていると、

七丁目の資生堂ビルの並びに「ぜん屋」さんを発見!

名前だけは存じ上げておりましたので、ダメ元で相談してみようと

飛び込んだところ、即座にオッケーが!!

 

師匠への誕生日プレゼントも買いたかったし、ここで直しも

お願いすることにしました。

 

「それはそれは大変でしたね。遠慮なさることはありませんよ。

どこのお草履でもお直し出来るものはさせて頂きます。」

 

と…、その日のうちに直して下さいました。

(※写真のようにピカピカ、ふっくら!)

 

私の場合、よれよれになった鼻緒を全取り替えして頂き、

皮底のかかとの部分のゴムの張り替え、そして

つま先のエナメル生地のささくれた剝がれをくっつけて頂く…

という3点。

ものの15分で、粋にキュッとしまった素敵な草履に大変身!!

 

有り難い!!

 

しかも履き心地も良く、足を包み込むような…、

足下から疲れが取れるような優しさが蘇りました。

これはお店の方と気持ちが通じ合ったことも大きいと思います。

 

時代と共に、安くて手軽で…と言うものづくりが増え、

使えなくなったら捨てる、ということが当たり前になって

いる昨今ですが、一方で「物を多く持ちたくない」

「量より質の良いものを、必要なだけ持っていたい」

という方も増えていると思います。

 

私もそんな思いを持つ一人。

 

必要なものだけを持って生きていたい。

壊れたものは直して使いたい。

その分ちゃんとした仕事にはちゃんとした

お礼をお包みしたい。

 

都内の草履屋さんは、私たち芸人が愛用していた

「上野・長谷川」さんの閉店に続き、銀座で有名なお店の

一軒であった「小松屋」さんも閉店しました。

 

どうか「ぜん屋」さん、そして、まだ私は出会ってない

けれども手仕事を大切に続けていらっしゃる皆さまが、

これからも残って下さいますように。。。

 

そうだ!二つ目時代に大好きな茜先生から頂いた

「上野・長谷川」の、白地に前緒が赤い粋なお草履も

直しに出そう!私の勝負草履だったのですが、

裏が痛んだので下駄箱に眠っておりました(涙)。

 

さて、

 

昨日は久しぶりに「青龍刀権次」を高座にかけさせて

頂きました。

息つく間もないリズム芸ですが(大島八鶴先生イズム)、

お客さんとの息も合い嬉しかったな〜。亡くなった師匠

二代目山陽から直接つけてもらった噺です。大事にしなくては。

 

幕末〜明治にかけて時代の変遷に翻弄される若者の噺。

 

新しい物を取り入れたい!

変わらない物を大事にしたい。

 

・・・いろいろな思いが、この時代にも蔓延していたことと

思います。そして江戸っ子はつぶやく。。。

 

「あんなやつらが暴れ狂いやがるんで、

江戸の粋も何もすっとんじまったい!」

 

これは権次のセリフ。

 

東京の草履屋さん事情から、いろいろと・・・思いを馳せるので

ありました。

 

それでは又!

寄席・講釈場で会いましょう。

スケジュールはこちら

| 京子好み | 09:16 | - | - | pookmark |
戊辰150年でもある。。。

今月は戊辰戦争に思いを馳せています。

 

(写真:去年11月話芸舞台「残り者」@内幸町ホール

江戸城明け渡しの最後の一日の大奥を描いた朝井まかて先生の

作品を講談ナビゲーター入りの朗読舞台でお送りしました。

新政府軍が踏み込んでくるシーンはなんともいえない悔しい

気持ちになりました。)

 

戊辰戦争と言えば、幕末から明治へと時代が転換する中で起きた

明治新政府と旧幕府側の諸藩との戦いです。

 

京都の鳥羽・伏見の戦いや、上野彰義隊の戦い、会津での白虎隊の

悲劇、そして函館五稜郭での戦争など・・・、

1年半に渡る戦いの中で印象的な場面も多いですが、そういった

一般的なイメージや知識は持っていても、自分達の今につながる

歴史としてあまり身近に感じたことはありませんでした。

 

江戸から明治になり、世の中がでんぐり返しをうつ程の衝撃が

あったことは学校でも習ったし、講談でもそんな背景を

想像しながら幕末明治のネタを読むこともあります。

 

「青龍刀権次(せいりゅうとうごんじ)」、「明治白浪女天一坊

(めいじしらなみおんなてんいちぼう)」等・・・。

故・二代目山陽イズムがふんだんに散りばめられた、私も大好きな

演目だが、この時代に生きる人たちの思いを、その背景まで理解し、

想像して表現するまでには、これまで至らなかったと思います。

 

丁度良い機会!!

戊辰戦争について改めて知ってみようと思いを寄せ始めましたよ〜。

 

今秋には戊辰戦争の舞台を講談にするお仕事も頂いております。

いわきの語り部であり、いわき地域学會副代表幹事の夏井芳徳先生

のまとめられた「いわきの戊辰戦争」を元に講談化させて頂くこと

になっているのですが、せっかくなので、その背景となるこの時代を

いろいろな角度から勉強してみたいなと思っています。

 

明治維新150年!という事で、今年は戦の勝者側を讃える

特集やイベントがあちこちで催されていますが、

敗者側の歴史から学ぶ事もとても大切な事。

 

いつの時代も、新しい価値観を打ち出し、

勢いのあるモノ達が賞賛を浴び、「正しい」とされますが、

その勢力に追いやられた方の思いや、犠牲、やり場のない辛さ、

変えられない世の中の風潮…それに伴う二次的、三次的な犠牲

というのは想像を絶するものがあります。

 

講釈師は、偉業を成し遂げた人物を大いに賞賛するだけでは

ありません。判官贔屓の表現者でもあります。

 

正義と悪は紙一重。

 

どうか「正義」と「正義」の戦いがなくなりますように。。。

| 講談関係 | 00:32 | - | - | pookmark |
5月5日。寄席から「第2回世界こどもサミット」へ。

新宿三丁目にある末廣亭

 

ゴールデンウィークは末廣亭の出番がございました。

毎日大入り満員で、二階席までぎっしり!!

地方から初めて寄席に来ました〜!という雰囲気の

お客様や家族でいらした方も多く、日常の寄席とは

ちょっと違った雰囲気。

後半に向けて、トス上げをするような賑やかし的な

講談をお届けしましたよ〜。寄席はチームワーク。

 

とはいえ…、実はゴリゴリの講談が大好きな私は、

ちょっと不完全燃焼。。。

短くても聞き応えのある講談を、もう少し増やして行きたいな!

と思ったのでした。

 

第2回世界こどもサミット2018」@よみうりホール

 

さて、寄席の出番終わりで少し遅れてこちらのサミットに

駆けつけました!!

三重県の伊勢大会が第一回だったと知り、四日市に籍のある

私は親近感を覚え…^^

 

又、出て来る子供達(上は18歳まで)のスピーチも

心を打つものや、刺激のあるものばかりで驚きました。

 

 

一部で参加キッズのスピーチ。

二部でパネルディスカッション。教育について、平和・幸福について。

間に、スペシャルゲストのアトラクションもあったり、

13時〜18時の長丁場のイベントでしたが大変有意義なものでした。

(私の滞在は14時〜17時半)

 

中で印象的だったのは、胎内記憶があったり、

過去世を覚えている、親を選ぶ所を覚えている…、という

子供達がこの回だけでも4人もいたことでした。

 

一、白い大仏様のような穏やかなイメージの神様が側にて

  待合室のような所でモニターのようなものに映る親を見て、

  この人!と決めた。気付いたらお腹にいた。

  自分は形のないイメージ。

 

一、母にもっと自信を持ってもらいたくてお腹に入った。

 

一、流産された方へ。赤ちゃんはお母さんのお腹に入っただけで

  ものすごく、ものすごく、幸せです。

  どうか自分を責めないで下さい。

 

一、今は石や木と交流を持つことが楽しい。石も木も人間も同じものが

  流れている。+のエネルギーは+を呼び、マイナスのエネルギーは

  マイナスを呼ぶ。

 

一、自分らしく生きて欲しい。みんな役割を持ってこの世界に

  生まれて来た。自分を否定しないで。

 

 

普通は成長とともに忘れてしまう記憶を、10代後半になっても

覚えている子供達がいる。生きる意味を見失い、死にたい!と

思っている人たちに聞かせたい、素晴らしい内容だった。

 

 

又、どの時代に生まれたいか?という母からの質問に

「縄文時代!」と答えた子供もいました。

 

一、縄文時代はみながそれぞれ出来る事をお互いに働いて

  助け合って生きている。争いがない。

  僕も誰かの役に立ちたい。

 

 

12歳の三重県の子供でした。この子がなんと、

今年の1月、成人式が開催出来ない事件の後、すぐに行動に

出た子どもだったのです。

 

パネルディスカッション司会はキングコングの西野さん。

西野さんと言えば、最近は社会活動でこれまでの固定概念

を払拭して、なるほど!!という発想をどんどん実行に移して

いる勇気ある芸人さんです。

 

今年の1月に、倒産した着物レンタル会社の問題で、

成人式を行えない成人が続出した事件を受け、

西野さんはSNSで呼びかけ、そういった成人達に、

独自で開催の成人式をプレゼントする!ということを実行します。

 

全額ご本人が負担するつもりでいたらしいのですが、これを知って、

この子が「どうかこのお金を使って下さい」と西野さんの所まで

子供なりの寄付金を持ち寄ったと言います。

それがどれだけの力になるかは誰にも分かりません。

 

兄妹で貯めたお金ですが、子供の貯金ですから

そんなに沢山ではないはず。でも子供にとっては大金!!

 

それを、後先考えずに、すぐに「役立てて下さい」と

持ち寄った行動はSNSの発信によって波紋を呼び、それが

きっかけで多くの企業が協賛を申し入れてくれて盛大な成人式

を開催することが出来たということでした。

 

SNSでの発信がライブで使える今だからこそ、達成出来た快挙

ですが、捨て身の行動がなければ出来ない…。

 

世間体や、嫌われたくない気持ちが少しでもあれば

なかなか行動出来ないことだと思います。

 

助けられた成人達は、その恩を忘れず、社会できっと人の喜ぶ

顔をイメージした活動が出来ることと思います。

 

これぞマスメディアの正しい使い方だ!

すごいな〜。

 

他にも、IQは高く留学経験なしでも8カ国語話せる

マルチリンガルの高校生もいました。しかしコミュニケーション

能力に障害があり、数々のいじめにあい、学校にいられなく

なった経験の持ち主でもありました。

悩み抜いた結果、よっし、周りに振り回されず、自分の人生を歩もう!

と決心して行動に移しています。

 

又、夢を語ると馬鹿にされ、担任の先生にやりたい事をつぶされる!

という恐怖心から学校に行かなくなった女の子もいました。

今は絵を描く事に喜びを見いだし、通信教育を受けながら、

日本の伝統工芸とコラボレーション企画の仕事をしています。

 

盲目の女の子もいました。ピアノの弾き語りを披露してくれ、

透き通った歌唱力に驚きました。

 

高校1年生で学校に行かないことを決めた脳性麻痺による

障害を持つ青年もいました。食べる事が大好きで、感謝しながら

青春を楽しんでいるのが良く分かりました。又意見をはっきりと

持ち、教育についての問題を大人にちゃんと説明出来る青年でした。

 

本を出版し17万部のベストセラーとなった小学生もいました。

問題意識の固まりのような男の子でした。

 

共通して言えることは「自分らしく生きることを選んでいる」

ということ。

 

「自由」と「自分らしく生きる事」とは違うので、

世の中の子供達よ、みんな好きなように生きましょう!という

結論にならないように、捉える方も気をつけなけらばいけませんが、

生きることの選択肢がもっと広がる為には、大変有意義な

サミットだと思います。

 

テレビを付けると、謝る大人の、自信をなくした顔が連日です。。。

 

これでは子供達がかわいそう。

 

「カッコいいな〜。ああいう大人になりたいな!」

 

と思える人がもっともっと周りに増えるように、私たちは

お互いを認め、励まし合い、鼓舞し合って、目の前のことに

取り組んでいかなくてはいけないな〜と思うのでした。

 

窮屈な社会を緩めるのはとても大切。

心から謝った人をもうそれ以上責めない社会に。。。

間違うこともあるんだから。。。

| 寄席関係 | 07:07 | - | - | pookmark |
5月5日坊ちゃん二度目の端午の節句を迎えました!

すっかりわんぱくに育っております!

着物も似合う子になってくれるかな??

 

一緒に奴さん踊れる日をお楽しみに〜(笑)。

 

今日は母ちゃんは末広亭昼席です!

よろしかったら是非。

 

スッキリ晴天!雨洗風磨!

良い一日を〜。

 

神田京子公式HP トップとスケジュールが更新

 されました。

| 京子好み | 08:51 | - | - | pookmark |
6月7日(木)「神田京子ふるさと独演会」のお知らせ@岐阜県美濃市

 

「神田京子独演会〜芸道20周年に向けて〜」

 

日時:平成30年6月7日(木)19:00〜20:30

場所:美濃市商工会議所3階 岐阜県美濃市78-7

料金 : 会員1800円(平成30年度会費込)

   一般2000円

出演 : 神田京子(講談)

問:090-4112-5074(事務局河合)

 

19年前の7月に、故・二代目神田山陽の門を叩き講談修行が始まり

ました。 来年は20周年を迎えます!ここまで頑張って来れたのも、

皆さまの御陰! 新しい門出に向けて、新しい「神田京子」を発見

して頂きたく今年の独演会に臨みます!

 

「神田京子美濃ふるさと後援会」の会員の方も一般の方も

気軽にふらっといらして下さいね。

 

地元の皆さま、ご予約お待ちしています〜♡

 

2018年5月吉日 講談師 神田京子より

| 講談関係 | 20:09 | - | - | pookmark |
5月3日中山道太田宿旧小松屋にて「夫婦幸福ライブ2018」ご来場感謝!!

お客様と主催の太田宿草鞋の会の皆様と記念撮影@旧小松屋

 

ゴールデンウィークのど真ん中!岐阜県美濃加茂市にある中山道太田宿の

かつて旅籠であった古民家にて毎年恒例の講談会を開催して頂きました。

 

今年も去年に続き大規模被災地への復興活動としてのチャリティイベント!

さらにスペシャル企画として「夫婦幸福ライブ2018」をお送りしました。

朝10時〜約70分ノンストップでお送り致しましたよ〜。

 

 

「夫婦幸福ライブ2018 in 中山道太田宿」@旧小松屋

2018年5月3日(木・祝)10時〜

 

一、詩朗読

  「祖母とキッス」「愛以上の讃歌」「生き際について」 桑原滝弥

一、講談「炎の歌人 与謝野晶子」            神田京子

一、朗読「メオトパンドラ」より        桑原滝弥・神田京子  

 

 

昨年のこちらの会での売り上げは、全て活用させて頂き、昨年9月末に

熊本地震被災地にて公演をお届けした旨をまず報告させて頂きました。

今年の売り上げは、東日本大震災の被災地へ足を運ぶ活動資金に当て

させて頂きますね!!

 

今回初めてご来場の方も大勢いらしていて、「講談楽しかった!」

「桑原さんの詩や言葉がす〜っと入って来て心に響いた!」等…、

いろいろな嬉しいご感想も頂き嬉しかった!!

 

10年以上お世話になっている会で、私にとっては育ての親のような

皆さまです。ご準備頂きました草鞋の会の皆さま、ご来場いただきました

皆さまに大感謝!!

 

また楽しいことしましょうね〜。

 

 

 

| メオトライブ | 19:23 | - | - | pookmark |
京子の今日この頃「目に青葉」

さあ緑眩しい5月に入りました!!

昨日から5日まで末広亭昼席に出演しています(3日、4日はお休み)。

良かったら遊びにいらして下さいね〜。

 

さて4月30日は、夫が主催の、10回目を迎える

谷川俊太郎さんの詩をいろいろな詩人が朗読するという

「俊読2018」を開催するにあたり、

最高のステージを送って頂く為に、

私なりに応援しよう!と思い…家からいなくなりました!!

 

…家族の応援!それは夫に本番までの集中力を高めて頂く事…

つまり私と息子がいなくなること!!…ということを芸人である

私は、よ〜〜〜〜〜〜〜〜〜く分かるので、朝一で消えました(笑)。

 

どこに行こうか!?そうだ!!福島に行こう!!

 

という訳で、兼ねてから気になっていた会津若松に行こうと思ったら

なんと、奥会津の列車が素敵な企画をしているではないか!?

 

車窓から見える景色が絶景で、台湾人の鉄道ファンも沢山駆けつけるという

只見線で行われた「ブライダルトレイン」に参加して参りました!

只見線は、震災の年に豪雨で鉄橋が落ちてしまい、一部不通となっている為

その復旧に向けて地元の方々が頑張っています!!応援したい!!

 

 

会津若松駅にて。

 

一般客も乗車出来るというので問い合わせたら、

丁度キャンセル席があるという!

 

よっし!!と息子を連れてレッツゴー!!

 

 

ご両家が対面の椅子に座られ、前方で誓いの言葉や、

両親に対してのお手紙朗読、皆様からの御祝いの言葉、

花束贈呈など滞りなく行われました。

 

車窓からは豊かな自然!

 

只見川が見えて来ました!

新緑が眩しい!

 

会津若松〜川口という所まで、2時間の旅だったので、

息子も歩きたくなり。連結されたトロッコ列車「風っこ」

にお邪魔しました!全国から集まった観光客のじいちゃん

ばあちゃんが何故か握手を求めて来て^^息子も大はしゃぎ!

 

この地ならではの景色…

終点に着きました!この先はまだ不通です。

ご歓談タイムには、一般参加の私も仲間に入れて下さり

ご両家の皆さんとビールで乾杯をし、軽食を頂き、息子

も可愛がって頂き、とても楽しいひとときを過ごしました。

その後は地元役場のホールでお弁当をご一緒しました!

旅ならではの…、いやそれ以上の交流が持てて最高の一日でした!

 

御陰さまで、夫の「俊読2018」も大盛況の元終えたようです。

本当にありがとうございました!!

 

これからも、詩人と芸人の夫婦を、よろしくお願いしま〜す!!

それでは今月もどこかで会いましょう〜!

| 京子好み | 08:01 | - | - | pookmark |
間もなく、緑も力増す5月!!エネルギッシュに参りたく。

「夫婦幸福ライブ2018 in 中山道太田宿 
 〜東日本大震災被災地慰問チャリティー〜」

 

(↑2017年熊本公演模様)

 

日時:2018年5月3日(木・祝)10:00〜11:00 
場所:中山道太田宿 旧小松屋(岐阜・美濃太田) 
料金 : 500円(売上は全て支援金へ)

出演 : 桑原滝弥(詩朗読) 
     神田京子(講談)

 

この時期に去年もご企画頂きました、チャリティーイベント!

昨年の収益金は、2017年9月末に参りました熊本地震被災地での

慰問公演活動資金として活用させて頂きました。

 

今年は、東日本大震災被災地での活動資金として活用させて

いただきます。復興への一歩一歩を身体で感じ続けて参りたく、

またそのご報告をご協力頂きました皆様にご報告させて頂きますね。

 

出来るときに「ごつごつと」。

 

震災だけでなく、洪水や山崩れ…様々な災害があちこちで起きている日本。

全てに足を運ぶことは出来ず、縁ある土地にしかなかなか伺えませんが、

身軽な講釈師だからこそ、身を運び、感じたことを伝書鳩のように

みなさまにお届けしたい、という思いがあります。

 

そして、何がいつ、どこで起きるから分からない日々です。

お互いに心を寄せ合って頑張りましょう!!

 

お近くの方は、是非いらして下さいね。

なんと1コインです!

 

お待ちしています。

| 東日本大震災関連 | 12:20 | - | - | pookmark |
| 1/252PAGES | >>